>   >   > 色恋沙汰に湧くイケメンたちの【ゴシップ】後始末
第1特集
ジャニーズとEXILEのイケてるメディア対応【1】

ジャニーズとEXILEはAKB48がお好き? 報じられるのは色恋沙汰ばかり!イケメンたちのゴシップの後始末

+お気に入りに追加

――日本を代表するイケメングループ、ジャニーズとEXILE。そんな彼らのウラの経歴は、さぞや華やかなゴシップに彩られているかと調べてみると、やはりと言うべきか色恋沙汰であふれている。ここでは、週刊誌を中心に報じられた熱愛ゴシップの後始末をみていこう。

[座談会出席メンバー]
A:週刊誌デスク
B:スポーツ紙芸能記者
C:女性誌記者
D:芸能プロマネージャー

1408_gossip_01.jpg
TAKAHIROとの熱愛が再三報じられた板野友美。

A 今回はジャニーズとEXILEの特集ってことで、メンバーがやらかしたスキャンダル報道の裏側を洗いざらい暴露してほしいという、まさに“サイゾーさんらしい”企画だよ(苦笑)。

B まずは複数回報じられた、元AKB48の板野友美とTAKAHIROからいってみようか。もともとは2012年3月の「週刊文春」(文藝春秋)によるスクープだけど、板野のAKB卒業後、すぐに「フライデー」(講談社)がデート写真と共に同棲を抜いてきた。

C そもそも2人は同じマンションの別の部屋に住んでいるんだけど、フライデーの記事には、板野が所属するホリプロのベテランマネージャーのN氏がひとりで大騒ぎしてたよね。

D このスキャンダルをつかんだ「フライデー」は、すでにホリプロに確認の連絡を入れて、広報のトップと話がついていたんだけど、怒りがおさまらなかったのがN氏。芸能界のご意見番・和田アキ子の元マネージャーっていう肩書を笠に着て、スポーツ新聞に連絡を入れるや後追い禁止令を出してきた。これはサイゾーさんでも3月号で記事にしてたよね。

B そもそもTAKAHIROと板野の交際については、かなり以前からファンの間ではウワサになっていて、ちょくちょく記事にもなっていたし、すでに板野は恋愛禁止のAKBを卒業していたわけだから、まったく騒ぐようなことではなかったんだけど。

A なぜかN氏は、板野が卒業してもう関係のないAKBの所属レコード会社キングレコードにまで連絡し、助力を仰いだみたいだよ。キングレコードって、講談社の資本が入っているから、なんとかしてくれるって思ったんじゃない?

D キングレコード側は「なんでウチが?」と思いつつ、N氏のあまりの剣幕に渋々ながら話だけは聞いたようだけど、発売日には一部ネットメディアが騒いで、アッサリとヤフーのトピックスに載ってしまった。それにしても、なんでN氏は、担当タレントでもない板野を過剰に守ろうとしたんだろう?

C まあ、板野が和田アキ子から可愛がられているってのもあるだろうけど、一番は社内の人間関係だと思うよ。現在、ホリプロのトップを務めるのは創業者・堀威夫氏の次男、堀義貴氏だけど、同社の看板タレント和田アキ子やN氏との関係はあまりよくないよう。社長はどちらかというと、広報担当のトップのことを信頼しているから、N氏からしたらやっかみがあったんじゃないかな?

A それにしてもEXILEとAKBのメンバーによるゴシップは激しいよ。13年1月に「週刊文春」がスクープしたGENERATIONS白濱亜嵐とAKBの峯岸みなみのお泊まりデートでは、峯岸が丸坊主&研究生へと降格し、事態を“力技”で収束させた。

B このネタのリーク元だけど、AKB関係者だというのが定説になっている。AKBのメンバーって、“会いに行けるアイドル”で握手会とかやっちゃってるから、芸能界では格下に見られているんだ。彼女たちもそれがコンプレックスのようで、やたらとメンバー間で“芸能人の彼氏自慢”をしている。その中でもアピールが激しいのが峯岸と板野だった。特に峯岸は、EXILE関係のメンバーと付き合えたことがステータスになったようで、やたらと周囲に吹聴していたという。それがあまりに露骨なので、鼻についた関係者がリークしたってワケだ。

D そんな恋愛において上昇志向の高すぎるAKBでは、12年6月、同じく「週刊文春」にファンとの不適切な関係を報じられてHKTに移籍した指原莉乃に対しては、メンバー全員が相当イタい女だと白い目で見ていた。それがバネになって、13年に行われた総選挙ではセンターを獲得したんだから、このあたりはさすがだな。

C でも、ここで我々が注目したいのは、EXILEらが所属するLDHの対応だ。TAKAHIROの件ではまったくのスルーで、肯定もしなければ否定もせず。恋人が丸坊主になった亜嵐に至っては、「プライベートなことは本人に任せております。本人からは仲の良い友人と報告を受けています」という紋切り型のコメントで、本人もライブで「お騒がせして申し訳ない」で済ませ、一部では男を下げたともっぱらだった。

D ほかにもEXILEといえば、11年5月に「フライデー」が報じたAKIRAと長澤まさみ、13年11月に「週刊ポスト」(小学館)が報じたMAKIDAIとベッキーといった熱愛が取り沙汰されたけど、この時も沈黙を貫き、特別なマスコミ対応はしなかった。

A とはいえ、何もなかったってことはないだろう。AKIRAと長澤に関しては、もともと同じ小学校と中学校に通っていた地元の先輩と後輩で、親同士も知り合いだったということで深い仲になったそう。AKIRAのほうは未練があったらしいけど、最後は長澤のほうが「やっぱりカレシというよりもお兄ちゃん」って感覚になったようだ。

C 一方のベッキーだけど、ああ見えて、意外にプライベートはイケメン好きの肉食系、特に筋肉フェチでマッチョに目がないとか(笑)。大親友の上戸彩がHIROと結婚したことで、EXILEメンバーとの太いパイプもできたんだろうね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載