>   > 各メディアが分析した『半沢直樹』大ヒットの理由

――視聴率低迷の一途をたどる中で、40%超という驚異的な数字を叩き出した『半沢直樹』については、さまざまな媒体がインタビューなどで分析を試みている。ここではそうしたメディアが報じた『半沢直樹』ヒットの謎をまとめた。

1407_ikeido_03.jpg
今期のドラマスタートに併せて発行された小冊子。

「中身はマンガ」「サラリーマンを主人公にしたチャンバラ小説」と池井戸潤自らが言う『半沢直樹』だが、大ヒットの理由はどこにあったのか?

「父の汚名をすすぐべく復讐する勧善懲悪、立身出世の『水戸黄門』的なストーリーが受けたのでしょう。原作では半沢直樹の父親は死んでいないが、テレビドラマでは貸し渋りで死んだ設定にする。また、原作では家族がいる設定で、テレビドラマでも第一部では長男がいたものの、途中からフェードアウト。妻の半沢花(上戸彩)を、半沢を陰で支えている恋人のような立場に変更するなど、わかりやすい単純な物語に仕立てあげたことが大きい」(放送作家)

 誰もが驚愕した『半沢』のヒットを受け、数々の週刊誌も果敢にその理由を分析した。例えば、「週刊現代」2013年9月21・28日号は「国税もビビる ドラマ『半沢直樹』 あんな嫁がほしい」として、半沢の妻・花に注目した記事を掲載している。また個性的な脇役に注目したのは、『新潮45』(新潮社)10月号「あまちゃんと半沢直樹はなぜこんなにウケたのか」記事。同記事では、テレビウォッチャーのカトリーヌあやこがキャラの濃い個性派俳優が脇を固め、「半沢以外の登場人物は、皆顔が濃い」「(半沢演じる堺雅人は謹厳実直とした演技で)フジテレビ『リーガル・ハイ』で長台詞をべらべらと喋り、人を食ったような弁護士を演じた俳優と同一人物とは思えません」と堺の演技を評価する。

「現代版ネオ大河ドラマ」だというのは、テレビウォッチャーの今井舞。

「NHKが若者に媚を売るかのように、ケツの青い人気者たちに次々と役を与えるようになって、腹にイチモツある曲者たちが跋扈するという、あの大河の醍醐味はすっかり消え去ってしまった。しかし、日曜の夜、楽しむべきドラマを失ったオヤジたちの元へ、形と局を変え、大河が戻ってきたのである」(「週刊文春」同8月1日号「そのときオヤジ視聴者が動いた!:本誌恒例夏ドラマ2013 今井舞(毒)ブッタ斬り! 『半沢直樹』大河ドラマ路線の成功」)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年2月号

マンガ(禁)大全2018

マンガ(禁)大全2018
    • 【マンガ業界】最新動向
    • ネット時代【リイド社】の戦略
    • 【韓国】ウェブトゥーンが凄い
    • 【韓国マンガ】傑作6選
    • 【しらほしなつみ】コミケで見られない素顔
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【お笑い芸人・おたけ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【田中考】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【辛酸なめ子】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【精神科医・岩波明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【クロサカタツヤ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【磯部涼】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【小林雅明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【更科修一郎】
    • 【井出智香恵】背筋も凍るレディコミ
    • 【リバーズ・エッジ】映画化のナゼ
    • 肉食系女子が読む【岡崎京子】座談会
    • 【少女マンガ】のファッション研究
    • プロが見る【風早くん】の服装
    • 服部昇太【80年代】マンガへの礼賛!
    • 【ナチス描写】の海外規制事情
    • 【エロ描写】は海外でこう扱われる!
    • 本家を超える【スピンオフ】を探せ!
    • マンガの神様の【スピンオフ】作品
    • ポスト【ウシジマ】貧困マンガ
    • 【藤子・F・不二雄】の変態的な性癖
    • マンガ家【下半身ゴシップ】

基礎教養としてのフリーメイソン

基礎教養としてのフリーメイソン
    • 【橋爪大三郎×フリーメイソン幹部】陰謀論の基礎知識

酒井萌衣「卒業」と「初体験」

酒井萌衣「卒業」と「初体験」
    • 【酒井萌衣】元SKE48が初水着!

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • マルサの女/【わちみなみ】
    • 【柳ゆり菜】初めてジャネットで踊った日
    • 【岡田サリオ】時代は巨乳から巨尻へ
    • 【沙月とわ】海に行ったことがない女
    • 巨人のコーチになった異色の陸上選手
    • 私と【美玲】を連れてって
    • 2018年は本格的なIT制度の見直しが始まる
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【ヤリマン】のトークに無限の可能性
    • 【アイドル】が音頭に没頭する背景
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【AV出演強要問題】女優たちの悲痛な願い
    • 【新型うつ病】が隆盛する生きづらい日本
    • 町山智浩「映画でわかる アメリカがわかる」/『スリー・ビルボード』
    • 【ポスト・トゥルース時代】の保守とリベラルの役割
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/UFO入門2018
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • なぜ女芸人は「ブス」をネタにするのか?
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」/span>
    • 幽霊、それでもマンガは楽しき商売。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』