>   >   > 【西森路代】「消費されるのはもう怖くない」自分の中の"軸"を持つ
連載
【CYZO COLUMN CURATION】西森路代の緞帳がおりたその後で【4】

「消費されるのはもう怖くない」自分の中の"軸"を持つ

+お気に入りに追加

――芸能界を去るイケメンのセカンドライフはどこに? 西森路代が"元イケメン芸能人"のその後を追う!

1407_ccc_07.jpg

 俳優をやめて早稲田大学に入学、その後、東京大学大学院へと進んだ北村匡平さん。芸能人として、イケメンとして生きるための努力の仕方がわからなかった頃と、大学進学後の生き方とでは、どう変わったのでしょう。インタビューの完結編です。

――大学に入学したと同時にご結婚されたとお聞きしました。

北村 実際には大学への入学が決まった3月に入籍しました。22歳から同棲していたので、お互いの両親のすすめもあって。大学に入っても、まだふらふらしていると言えるかもしれませんが、芸能界にいたときよりは将来のことも考えられるようになり、安定への入り口に立てたと思ったので。

――精神的にも安定しましたか?

北村 勉強をすることで、すでに精神的には安定し始めていたので、結婚によって安定したいとは考えてなかったですね。努力の結果が成果になって見えるということが、僕にとっては、一番の心の安定でした。やっぱり、何をやったらいいのかわからない状態が病むんですよね。基本、芸能界では「待ち」の姿勢でいることが多かったので。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ