サイゾーpremium  > インタビュー  > 【Fla$hBackS】黄金期がフラッシュバックする渋いヒップホップ
インタビュー
時代や土地にとらわれない新しいヒップホップのカタチ

【Fla$hBackS】黄金時代が"フラッシュバック"する若くて渋いヒップホップ・ユニット

+お気に入りに追加

――90年代生まれにもかかわらず、90年代ヒップホップを想起させる渋いトラックと洗練されたラップで話題を集めているFla$hBackS。時代にも地元にも縛られない彼らが抱く夢とは?

1405_Flash_01.jpg
(写真/田附 勝)

 "フラッシュバック"とは、強烈な体験が時を経て克明に思い起こされる現象。それをグループ名に掲げたFla$hBackSの音楽を聴くと、90年代半ばの先鋭的だったニューヨークのヒップホップが、懐古趣味ではなく、当時の新鮮さのまま鳴っていることに驚かされる。しかも奏でているのは、その頃、日本で生まれた若者たち。ここ数年、90年代生まれのミュージシャンの活躍が目覚ましく、ヒップホップでもBSスカパー!の「高校生RAP選手権」が話題だが、それら若さと青さが結びついたわかりやすいものとは違い、Fla$hBackSは若さと渋さが両立した絶妙な個性を持つ。

 Fla$hBackSは94年生まれのFebbとKID FRESINO、90年生まれのjjjからなり、全員がラップとビート・メイキングを手がける。2013年2月に発表した『FL$8KS』がデビュー作だが、そのルーツは、FebbとKID FRESINOが中学校の同級生だったことにあるという。

「当時からヒップホップの話しかしてなかった」(KID FRESINO)、「お薦めのアルバムを貸すと、佐々木(KID FRESINO)はフィーチャリングされてるラッパーを攻める、みたいな。で、お互いに聴かせ合って、“おー、渋いじゃん”って」(Febb)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

インタビュー

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』