>   >   > 【中山美穂】側の"仕掛け"で離婚せざるを得なくなった辻仁成

1403_nakayama_az.jpg
DVD『サヨナライツカ』(アミューズソフトエンタテインメント)

 女優の中山美穂と歌手で芥川賞作家の辻仁成夫妻が離婚に向けて話し合いを進めており、離婚は避けられない状態であることを27日付けの「スポーツニッポン」が一面で報じた。

 02年6月3日に電撃結婚し、結婚後、夫妻は仏・パリに移住し現地で長男をもうけたが、同誌によると、夫婦間に亀裂が生まれてきたのは09年ごろ。辻がハードロックバンドを始め、女性のように肩までかかるロングヘアにするなどビジュアルが劇的に変化したことに対して中山が困惑するなどして夫婦の距離がどんどん遠くなっていたことなどが離婚の原因だという。

 中山は24日に登場したイベントで、何事もなかったかのようにパリでの生活や長男についてうれしそうに話したが、辻については触れず左手の薬指に指輪はなし。まるで離婚報道の"予兆"を感じさせたが、離婚報道を受け、中山は自身のツイッターで「自分の人生をしっかり生きること。それより良い先はない。全て受け止める。ごめんなさい。ありがとう」と意味深なつぶやきをしたが、大方、今回の報道はデキレースという見方が強いようだ。

「中山の事務所は芸能界のドンこと周防郁雄社長率いるバーニングプロダクションで、結婚後も中山にもっと仕事をさせたかったのに、パリに連れて行き専業主婦をさせていた辻に対し積年の恨みがあった。そこで、内田有紀と吉岡秀隆、藤原紀香と陣内智則の離婚劇と同じように既成事実をつくってしまい、離婚に向けて話を進める戦略を練った。

 中山はすでに帰国しているが、辻は自身の原作の舞台が4月から上演されるため都内に滞在。おそらく、稽古場に顔を出すと思われるから、稽古場には報道陣が殺到するだろう。結局、中山は"無傷"で後は離婚成立を待つのみ。マスコミ各社もバーニングには不利益な報道はできないので、今後はどんどん辻のバッシング記事が出そう」(芸能デスク)

 報じたのは「スポニチ」で「これまでも数々のバーニング案件をスクープしてきたので、今回のネタも"鉄板"級」(芸能プロ幹部)というが、事務所は各メディアの後追い取材に対し「聞いてない」とコメント。それにも深い理由があるというのだ。

「『スポニチ』の人事で、長年バーニング担当をつとめていたエース記者が4月から芸能セクションを束ねる部署の部長に昇進。その"昇進祝い"的なスクープだが、その記者は周防社長とのパイプが太く、ネタも周防氏から振られる。となると、事務所サイドとしては『知らない』と答えるしかない」(同)

 このままでは"サンドバッグ状態"の辻だが、今回の報道に対してどうコメントするのだろうか。


サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本
    • 【ジャンプ】部数暴落へ
    • 【マンガアプリ】成功の秘訣
    • 【ウェブ発エッセイマンガ】乱れ咲き
    • 【エッセイマンガ】あるある
    • 【こじらせ女子マンガ】の功罪
    • 人気マンガ【AKIRA】の寿命
    • マンガの常識を超えた【大友発明】
    • 日常を語る【戦争マンガ】の現在
    • 【手塚治虫】の戦争マンガ
    • 【しりあがり寿】4コマ描写の禁忌
    • 【接吻】で読む最新少女マンガ
    • 読むべき【キスマンガ】6選
    • 【ティーンズラブ】が熱い理由
    • 広告バナーでよく見る【TL】の中身
    • 時代は射精より【ウ♡チ】?
    • 【封印マンガ】はなぜ生まれたのか
    • 【筋肉マンガ】を科学検証!
    • 【刃牙】筋肉名場面
    • 経済評論家が読む【闇金マンガ】
    • 【日本マンガ翻訳】の限界
    • 変化する【フランス】マンガ市場
    • 【フランス】翻訳出版社6大勢力
    • 【マンガ雑誌】の危機的状況

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」