サイゾーpremium  > インタビュー  > 【蒼波純・ロングVer】──無言のアピール”でミスiDグランプリの小6美少女
インタビュー
【premium限定】インタビューロングバージョン!

【蒼波純】無言の自己アピールでミスiDグランプリを獲得! 宮城在住の小6美少女は、未来の大物声優か?

+お気に入りに追加

 小中高の三世代にわたるゲーム好き現役アイドルたちに好きなゲームについて語り合ってもらった『課金はしません!」JCJKアイドルが健全ゲーム宣言』企画。登場してくれたアイドルのひとりである蒼波純ちゃんは、2014年1月号のインタビューページが、実は本誌への初登場であった。

 そこで今回の再登場を記念し、好評だった前回のインタビューのロングバージョンを改めて掲載することに。2013年10月に収録されたインタビューではあるが、すでにゲーム好き、アニメ好きの片鱗は随所に垣間見える。

 現在では大手芸能プロに所属、女優への階段を歩み始めた彼女の“最初の一歩”をとくとご覧あれ!

1401_aonami_01.jpg
(写真/河西 遼)

 あなたにとって、明日のアイドルとは何ですか?

「……」(1分近く熟考の末、結局答えが出ず終了)

 これは、今夏開催された講談社主催の女性アイドルオーディション企画「ミスiD(アイドル)2014」でのいち場面。普通のオーディションならば落とされても仕方ない受け答えかもしれない。が、小学6年生の美少女・蒼波純はその後、見事グランプリを勝ち取った。

 ゴスロリチックな可愛らしい服を普段から着こなし、ツイッター、タンブラー、インスタグラムなどのネットツールを使いたおす。不思議ちゃんっぽい雰囲気はあるものの、話せば普通の子ども以上に子どもらしい素朴さを感じさせる。彼女は、そんな稀有な才能の持ち主だ。

 グランプリ受賞の感想を聞いてみたところ、

「ええと、なんだろう……。感想……。えっと……。あまり自信はなかったですけど……。(熟考)……なんかうれしいなって……思います」

 と、噂に違わぬ超スローペースな受け答え。そのあまりのスローさに、「最終オーディションの感触が悪かったので、私としてはダメだったろうなと思ってたんですよ」とお母さまが助け舟を出すほど。この取材が人生初のインタビューということもあり、以降はお母さまにサポートしてもらいながら取材を続けることと相成った。

 では、受賞を知ったのはいつだったんですか?

「『FRIDAY』の誌面で各賞を発表、ということになってたんです。といっても、さすがに事前連絡くらいはあるだろうと。でも、ほんとになくて(笑)。私は発売日の夜中の3時くらいにコンビニで雑誌を買って、誌面で知りました。本人はもちろん寝ている時間なので、朝学校に行くために起きて雑誌を見つけて、そこで知ったようです。」

蒼波「……ビックリしました……」

 周りの反響はありましたか?

蒼波「……ファンレターがたくさん来たんです。全部にサイン入りチェキを付けてお返事しました。お手紙をもらえるのはうれしいです。ミスiDの発表前は『頑張ってね』、発表後は『おめでとう』って書いてくれています……」

「お返事に付けるチェキを撮ると面白いんですよ。目をつむっている率がすごい高いんです。この間は3枚撮って3枚つむってました」

 緊張しちゃうんですかね? では蒼波さんは、すごく嬉しい時にはどうなるんですか?

蒼波「……うーん……」

 ず、ずいぶん悩みますね(笑)。では人生で一番うれしかったのはいつですか?

蒼波「……うーん……。(熟考)……PSPの乙女ゲーム『アムネシア』を買ってもらった時です。ストーリーが面白いです」

 そ、そうですか……。

 いまはゲームに夢中なような彼女だが、実は先ほどからご登場中の彼女のお母さまは根っからのアイドル好き。大胆な露出で人気を博した元グラドルの仲村みうや、多くのアイドルインタビューを手がけてきた吉田豪氏を敬愛、ご本人もアイドルに関する文章をネット上でこっそり書いていたこともあるという“サブカル母”なのだ。

 では、蒼波さんもお母さんと同じくアイドルは好きなんですか?

蒼波「……えっと……。声優さんが好きです。大塚明夫さんとか花澤香菜さんとか」

「小さい頃はW(ダブルユー)とか好きだったけどね」

蒼波「……覚えてない……」

 アイドルオタクへの英才教育を施されたりは?

「うちって4人子どもがいるんですけど、誰もアイドルオタクに育たなかったんですよ。家には100冊くらいアイドルの写真集があるのに。まあお姉ちゃんはサブカル女子なんですけどね」

蒼波「……サブカルって……何?」


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年6月号

令和時代の(新)タブー

令和時代の(新)タブー
    • 新紙幣【渋沢栄一】の功罪
    • 【薬物裁判】の戦い方
    • 駆け込み【薬物解毒病院】の実態
    • 【働き方改革】芸能事務所の本音
    • 【奈月セナ】タブーすぎるGカップ
    • 【名探偵コナン】のタブーとは?
    • 【平成とコナン】日本の写し鏡
    • ディズニーと【ダッフィー】の謎
    • 令和の【日本語ラップ】を考える
    • 【ブートクチュール】の最尖端
    • インスタグラム【パクリ暴露】アカ
    • 【女性皇族】結婚相手に求められる品格
    • 【愛子天皇陛下】実現の可能性は?
    • 格差を生む!?IOT時代の【電力問題】
    • 【エネルギー問題】を解決する施策
    • 【顔認証】で監視国家へ進む日本
    • 【スコアリング社会】のディストピア
    • なぜ【ショタコン女性】が増えているのか
    • 【ショタコンマンガ】傑作3選

「サイゾー」表紙の20年史

「サイゾー」表紙の20年史
    • 【祝20周年】橋本マナミも都丸紗也華も登場!

NEWS SOURCE

    • 【錦戸亮】退所?揺れるジャニーズ
    • 安倍政権の謀略戦で【立憲】窮地に!
    • エイベの恥さらし【AAA】暴行事件の遠因

インタビュー

    • 【山田佳奈実】ダンス極めし女優の野心
    • 【DJ松永】ラジオに救われた人気DJが自虐封印
    • 【ミヤギフトシ】気鋭美術作家の青春小説

連載

    • カバーガール/小倉優香
    • 【大間乃トーコ】Hカップの夢は保健の先生
    • 三代編集長で振り返る【サイゾー】の20年
    • 【ラウンドガール】圧巻の11人グラビア
    • 【珠緒】は冷たい芝生の上に
    • 【次のIT】とどう付き合うのか?
    • 【更科功】化石人類から見える人間の根源(前)
    • 高須基仁/【国への思いに右も左もない!
    • 【生殖器崇拝】と一般認識の深き溝
    • 中国イーコマース企業が作った【完全無人倉庫】
    • 【ニプシー・ハッスル】R&Bは絶滅へ向かう
    • 町山智浩/【アス】特権と罪悪感の恐怖を描くホラー
    • 日本経済【平成の失敗】と令和時代への教訓
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/サイゾーの成人式
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『82年生まれ、キム・ジヨン』日韓のフェミニズムの今
    • 【全身ラバー】女と出会いたい
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【大江戸ビール祭りの仕掛人】醸造に乗り出す!
    • 伊藤文學/【薔薇族】の女性読者たち
    • 幽霊、獣に成り果てたフレンズたち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』