>   >   > ウェアラブルデバイスの可能性と現状のくすぶり
連載
佐々木俊尚の「ITインサイド・レポート」 第69回

2014年CESでは花盛り ウェアラブルデバイスの可能性と現状のくすぶり

+お気に入りに追加

進化の歩みを止めないIT業界。日々新しい情報が世間を賑わしてはいても、そのニュースの裏にある真の状況まで見通すのは、なかなか難しいものである――。業界を知り尽くしたジャーナリストの目から、最先端IT事情を深読み・裏読み!

 毎年1月にラスベガスで開かれる世界最大の家電見本市、今年はウェアラブル系のデバイスが花盛り。そのラインナップから見えてくるのは、各社が勇み足で参戦する市場と、その先に広がる展望なのか――?

1403_IT.jpg
『インターネット白書2013-2014 すべてがつながる未来へ』(インプレスR&D)

米ラスベガスで毎年1月に開かれる世界最大の家電見本市CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)。今年は腕時計型を中心としたウェアラブルデバイスが花盛りだったようだ。

 出品されたウェアラブルを横断的に見ていこう。

 ランニングやアウトドアスポーツ用のGPS機器で有名なガーミンからは、「Vivofit」という手首型のフィットネスデバイスが登場した。このデバイスの驚くべきところは、なんと一度の充電で1年持つということ。機能的にはナイキの人気ウェアラブル「FuelBand」とほぼ同じで、歩数や距離、カロリー、時計などが表示できるぐらいのようだが、FuelBandは1週間程しかバッテリーが持続しない。

 ウェアラブル全般にいえることだが、耐久性に乏しいという問題もある。ポケットやバッグの中に忍ばせるスマートフォンやタブレットと違い、手首に装着するウェアラブルはあちこちにぶつける可能性が高く、耐水性も要求される。しかし耐衝撃性・耐水性をきちんと備えたデバイスは、まだほとんど出てきていないのが現状だ。この問題についてはコンピュータメーカーより、ガーミンのようにアウトドアで使われることを前提にデバイスを作ってきたメーカーに先行メリットがあると言っていいだろう。これは日本のカシオのような腕時計メーカーにも当てはまる。

 運動量以外のさまざまな身体状況をセンサで測るデバイスも登場した。

 ネタトモ社の「Netatmo JUNE」はイミテーション宝石をブレスレットに乗せたようなちょっとチープなデザインだが、日焼けの具合を教えてくれる手首型のウェアラブル。また仏・モヴェア社の「Gシリーズ」という手首型のデバイスは、身体が良い姿勢を保っているかどうかを測り、チェックしてくれるという。

「Lifeband Touch」は、韓国のLG電子が初めて投入したウェアラブルで、これも手首型。FuelBandに近いが、イヤフォン型の心拍計もオプションで販売するという。これは、テックメディアのビジネスインサイダーが高評価していて注目だ。FuelBandのような運動量計測に、スマホで受信したメッセージやアラートの通知機能を合体させて、軽くて小さいデバイスに収容したという実用性を評価しているようだ。

 このスマホの情報の通知機能を中心としたウェアラブルでは、キックスターターで1000万ドルという史上最高額を調達した「Pebble」が先行している。最初の製品はプラスチック製でデザインについては「オタクっぽい」などと酷評もされていたが、今回のCESで「Pebble Steel」という金属製のケースに入った第2弾製品を投入した。これはアメリカのメディアでもかなり評判が良いようだ。

 CESでのウェアラブル出展を見ると、結局はこのPebbleかナイキのFuelBandのインスパイア系……要するにこれらを真似た製品しか今のところは出てきていない。例えばアーコス社の腕時計型デバイスは、3種類も発表しているわりには、Pebbleに似た白黒の画面で電池の持ちの良いタイプとカラー液晶で電池の持ちの悪いタイプ、流行のカーブした画面を持つタイプと、画面が違うだけでどれもほとんどPebbleインスパイア系で変わりがない。またCSR社の「スマートジュエリー」という製品は、ネックレス型で、LEDを内蔵して通知を可視化し、光って見えるようになっている。宝飾の会社がデザインしているそうだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1別れる前のハワイ旅行はお約束? ZOZOTOWN社長にポイ捨てされた紗栄子、社長夫人の夢敗れたり!?2016.7.18
  2. 2『もののけ姫』の石火矢衆は犬神人そのもの――祇園祭でも大活躍!中世賎民が担った役目2016.7.27
  3. 3【旅行雑誌には載らない"京都"裏案内】そこには、“夢”があった――ANARCHYが誕生した向島団地の真実<前編>2016.7.18
  4. 4『笑点』という大輪の花は、テレビに適応できず死んだ噺家たちの屍の上に咲いている――幽霊、落語から落日のテレビを観る。2016.7.25
  5. 5かわいいだけじゃやっぱりダメ!? フジテレビ・細貝沙羅アナウンサー人事異動に見る女子アナに必要な資質2016.7.7
  6. 6大本教誕生の地・綾部――京都・まほろばの里「志賀の七不思議伝説」の謎2016.7.26
  7. 7「餃子の王将」社長はなぜ射殺されたのか――同和問題に暴力団、行政の腐敗…京都社会の裏を描くブックガイド2016.7.28
  8. 8アメリカン・ドリームを掴んだ男の転落人生――「夫はベネズエラで死にました」2016.7.14
  9. 9黒木瞳の娘が起こした暴行事件――その被害者が芸能界デビューのナゼ2014.7.26
  10. 10過疎と高齢化がすすむ京都府の山奥に移住するワケ――京都市内だけが京都ではない!Iターン増えるもうひとつの京都2016.7.26
サイゾープレミア

2016年8月号

サブカル化するテレビと芸人の命運

サブカル化するテレビと芸人の命運
    • 【テレビを殺す】のは一体ダレか?
    • 芸人は皆【最期の仕事】を選べない
    • 【ビートきよし】が語る"引退"

サメと現役JKのキケンな邂逅

サメと現役JKのキケンな邂逅
    • 夢アド【京佳ちゃん】サメと絡む

インタビュー

連載