>   >   > 【ダルビッシュ有】と【加藤綾子】の熱愛リーク合戦の真相

 スポーツニッポンが10日付きの紙面でスクープしたダルビッシュ有とカトパンの熱愛報道だが、メジャーリーガーと当代きっての人気女子アナという組み合わせの割には、どうも今ひとつ盛り上がっていないようだ。

1402_darvish.jpg
『ダルビッシュ有 "軌跡" ~Keep the faith~』(東宝)

 翌々日に「週刊文春」(文藝春秋)も写真付きで密会の様子を報じているものの早くも火消しムードが漂っている。スクープの裏側に何があったのか。

「写真付きで報じているように、はじめに取材を始めたのは文春。動きを察知したダルビッシュサイドが彼の所属するエイベックスほか周囲に相談し、苦肉の策としてスポニチにリークしたというのが真相。熱愛をうたいながら、『まだ始まったばかりだと思うが、とてもいい関係なのは間違いない』と関係者の差し障りのないコメントでお茶を濁し、ダルビッシュはツイッターで熱愛を否定する出来レース。スポニチもエイベックスに貸しを作っていけば何かと都合がいいですからね。文春の編集部は怒り心頭のようです」(スポーツ紙記者)

 その後ダルビッシュはカトパンについて「仲のいい友人」とツイート。「知り合ったのも昨オフよりもっと前」とスポニチの記事に突っ込みを入れている。

 しかし人目を忍んで密会していたのは事実。気になる2人の本当の仲はどうなっているのか。

「加藤は入社当時は同期のAさんと交際していましたが、最近は浮いた噂はなく、各マスコミが取材を進めても男の影も掴めなかった。相手が日本にいないんだからバレることもなかったという訳です。今回の報道で明らかになったようにダルビッシュがオフで日本にいる際はよく食事に行っており、かなりいい仲なのは間違いない。それが証拠に加藤は尊敬する高島彩にもダルビッシュとのことを相談しています。今年で29歳になりフリー転身も囁かれているだけに、今年は大きな動きがありそうです」(週刊誌記者)

 大物カップルの恋に行方やいかに!?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」