>   >   > 【町山智浩】FBIが詐欺師と組んで汚職政治家らを逮捕!"司法の暴走"が喜劇に
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第76回

FBIが詐欺師と組んで汚職政治家らを逮捕!"司法の暴走"が喜劇に

+お気に入りに追加

雲に隠れた岩山のように、正面からでは見えてこない。でも映画のスクリーンを通してズイズイッと見えてくる、超大国の真の姿をお届け。

『アメリカン・ハッスル』

1402_machiyama_01.jpg

1979年に起こった実話である「アブスキャム事件」を題材にしたコメディ。FBIと詐欺師がタッグを組んで大規模な囮捜査を実施。その結果、大物議員が大量に摘発されることとなった。しかし、その捜査方法に世論やほかの議員から批判が噴出。その顛末を面白おかしく映画化している。

監督/デヴィッド・O・ラッセル 出演/クリスチャン・ベイル、ブラッドリー・クーパー、エイミー・アダムスほか 日本での公開は、1月31日(金)より全国ロードショー


「ハッスル」という言葉は日本では「がんばる」の意味で使われているが、「無理やりに何かをする」というニュアンスもあって、そこから「売春や詐欺、博打などで儲ける」というスラングにもなった。『アメリカン・ハッスル』は、1970年代にひとりの詐欺師がアメリカの政治を揺るがせた「アブスキャム事件」を基にしたフィクションだ。

 77年、住宅ローン詐欺でFBIに逮捕されたメルヴィン・ワインバーグ(当時53歳)は、罪を免れるため、ある囮捜査を提案した。アラブの大富豪が経営するアブドゥール・エンタープライズという架空の投資会社をデッチ上げ、政治家に賄賂を受け取らせる。アブドゥールのスキャム(詐欺)でアブスキャムというわけだ。

『アメリカン・ハッスル』でワインバーグを演じるのはクリスチャン・ベイル。役名は変更されたが、1:9分けでハゲを隠した頭とビールっ腹、それに葉巻好きはワインバーグそっくりだ。ビールっ腹は特殊メイクではなく、クリスチャン・ベイルの自腹。ハゲもヅラではなく、実際に毛を剃って熱演した。

 ワインバーグのアブスキャム作戦に、FBI捜査官たちは乗ってしまった。78年12月、ニュージャージー州カムデン市長アンジェロ・エリチェッティが最初のターゲットになった。エリチェッティは、カジノを開く認可を得るために有力者に贈る賄賂をアブドゥール・エンタープライズから援助してもらおうとした。『アメリカン・ハッスル』で市長を演じるジェレミー・レナーの不思議な髪型はエリチェッティのそれを真似している。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  2. 2やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  3. 3お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  4. 4日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  5. 5音事協を取り巻く団体のトップは芸能界の重鎮? JASRAC収益は143億円! 音事協と関連団体の“絆”2017.5.22
  6. 6【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  7. 7メディアへの圧力団体という虚像――タレント肖像権をチラつかせる音事協はタブー団体なのか?2017.5.22
  8. 8裏社会とのつながりを憂慮した歴代のトップたち…芸能界の重鎮が歴任! 音事協会長の履歴書2017.5.22
  9. 9GSと田邊社長が築いた芸能システム――一介のドラマーが芸能界のドンへ! グループ・サウンズから見る芸能史2017.5.21
  10. 10佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載