>   >   > 「月刊」シリーズ編集長【宮本和英】「亀梨くんが色っぽい!」

――ジャニーズタレントの表紙起用率の高さは「表紙にジャニーズ登場で雑誌は売れるのか? "メディア支配"の実情と実力を検証」でも述べた通りだが、被写体としての訴求力はいかほどのものか。実際、イケメン男子の写真に反応する女性は想像以上に多い。新潮社で発行されていたグラビアムック本の「月刊」シリーズ(現在はNEO株式会社刊)の創刊時からの編集長で、2011年からは男性版の「月刊MEN」も手がける宮本和英氏は、「写真集の市場では男性タレントと女性タレントの差がなくなってきた」と語る。

1402_J_8.jpg
ブレイクの時期にドンピシャで出版された
「月刊MEN 綾野剛」 「月刊MEN 向井理」。ジャニーズでこんな写真集出してくれたらどんなにいいか!!

「『月刊』シリーズを立ち上げた1998年と現在とでは、写真集の売り上げが一桁は違う。特に女性の写真集の売り上げは大きく落ち込んだけど、男性の場合はブレイクのタイミングと上手く重なれば、まだ話題になりやすい面がある。『月刊MEN』でいえば、シリーズ第一号の向井理くんや、一昨年の春に出た綾野剛くんの場合がまさにそう。三浦翔平くんのように、役者として活躍しながらアイドル的な人気も持っているタレントは、販促イベントやサイン会などにも多くのファンが駆けつけてくれるしね」(同)

 そんなイケメン俳優たちと比較しても、「ジャニーズが抱えているファンの大きさは別格」だと宮本氏は続ける。しかし、ジャニーズタレントは本格的な写真集をほとんど発売していない。事実、2013年にも綾野剛や福士蒼汰、はては豊川悦司まで、いわゆる「イケメンタレント』と呼ばれるこういった面々が写真集を発表するなか、あれだけいるジャニーズタレントの誰ひとりとして写真集を出していないのだ。12年に関ジャニ∞が講談社から1st写真集を発売し、25万部を発行したという例外はあるものの、嵐などはグループ全体でも個人でも代表的な写真集がないのが現状だ。

「僕もジャニーズタレントの写真集を手がけた経験はないけど、相葉くん(相葉雅紀)主演のドラマ『マイガール』(09年、テレビ朝日系)のオフィシャルブックを編集し、彼の写真を撮り下ろした経験があったな。さすがにスケジュールに空きがなくて、1時間で10ページほどを撮り下ろす厳しいスケジュールだったけど、彼の高い表現力もあって魅力的なページが作れましたね。『小さい頃からトレーニングや競争を継続し、選びぬかれた存在の彼らは被写体としても魅力的なんだな』と、そのときに感心しましたよ。ジャニーズ事務所は写真集を作る側から見ても、宝の山のような存在だと思いますよ」(同)

 では、もし「月刊」シリーズでジャニーズタレントを手がけられるとしたら、選ぶのは誰なのか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論
    • 【ウェブ編集vs雑誌編集】討論会
    • 【ジャニーズ】動画ビジネスの是非
    • 【元NMB・高野祐衣】が美ボディ披露
    • 動画配信サービスと【JKの本音】
    • 【72歳】のユーチューバーが登場
    • 【Creepy Nuts】がヒップホップ動画を斬る
    • アジア人ラッパーがバズる【88rising】
    • 【88rising】の気鋭アーティスト6選
    • 大手企業が群がる【eスポーツ】
    • 【学者vs業界団体】がガチバトル
    • 検閲とエロの【中国ウェブ文化】
    • 【ライブチャット】が流行る中国
    • スラムと【マフィアとグロ動画】
    • 【Amazon】がテレビ局になる日
    • 【インド市場】で動画配信戦争が勃発
    • 【民泊利権】に群がる宿泊&住宅サイト
    • ネット配信が【AV】に与えた影響
    • 【配信専属AV女優】は何を思う?

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【橋本乃依】芸能界1年生が描く青写真
    • 【想田和弘】「観察映画」に託した未来
    • 【桜井莉菜】35歳現役ギャルモデルの提言
    • 【DJ CHARI&DJ TATSUKI】最先端ヒップホップの形

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』