サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 【海王社編集部】SM、体毛、下着フェチ…女子たちの萌え欲求に応える
第1特集
深化しすぎたBLのエロ表現【3】

【海王社「GUSH」編集部】SM、体毛、下着フェチ…貪欲すぎる女子たちの"萌え"探求

+お気に入りに追加

1312_BL_04.jpg

「GUSH」
発行/海王社 発行ペース/月刊(毎月7日)
シリーズ累計100万部突破のヒット作『恋する暴君』を生み出したBLコミック誌。隔月刊行の「GUSHmaniaEX」シリーズでは、エロに重点を置いたラインナップをそろえる。

 成年・BLコミックを中心に発行している海王社では、月刊BL誌「GUSH」を刊行しているほか、隔月刊行で「GUSHmania」(03年3月創刊)、「GUSHmaniaEX」(05年8月創刊)、「GUSHpeche」(09年5月創刊)というアンソロジーシリーズが発売されている。「GUSHmaniaEX」はウェブ限定と紙と2ラインで展開されており、このシリーズの作品ではエロ描写が必須なのだとか。「ドライ・オーガズム」【1】「尻と下着」【2】「体毛」【3】、「インランな誘惑」……など、特集タイトルはシンプルながら、かなり攻め攻めだ。

1312_BL_06.jpg
肛門科の医者(攻め)が、受けの後孔を狙っている……! 人体の知識も身につく1コマ。
【出典】「GUSHmaniaEX ドライ・オーガズム」収録『怒涛のイカせ体♥』より (c)千歳ぴよこ/海王社

「特集は毎回、読者さんのニーズとともに、"みんなこんなの読みたいんじゃない?"というような、こちらから流行テーマを発信することを心がけて考えています。タイトルはとにかく、インパクト重視ですね。これだけ各社のBLレーベルが乱立していて、書店ではスペースが限られている中で、いかにうちの本を手に取っていただくか、ということを第一に、強烈なタイトルを考えています。以前は"書店で買いにくいから、表紙やタイトルを過激にしないでほしい"という読者さんの声がありましたが、最近は購買ルートも変わってきてネット書店で買ってくださる方も多いようで、多少過激なものにしても皆さんためらいなく手に取っていただけているという印象があります」(「GUSH」編集長)

「GUSHmania」、「GUSHmaniaEX」シリーズでは、"おじさま"や擬人化など、ここ数年でブームになったジャンルをかなり先取りして特集にすることが少なくなく、先見の明があるシリーズといっても過言ではない。そんな編集部に寄せられる読者の声も、やはりエロのニーズが細分化していることが顕著に表れているようだ。

「たとえば"学生モノ"や"リーマンモノ"など、昔は大きな括りでのリクエストが多かったのですが、そういうものはすでに市場に溢れているからか、"私だけの萌え"を求めている声が増えた印象があります。皆さん、深いところまで入り込んでいっているなぁと感じますね」(同)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画
    • 【ライブ配信】儲けのカラクリ
    • 【本田翼】もハマるゲーム実況
    • 決定!2018年【邦画ラジー賞】
    • 【アジア系】が逆襲するハリウッド
    • 注目のハリウッド【アジア系俳優】
    • 【片山萌美】ショーガールグラビア
    • 俳優に責任を問う【報道の愚行】
    • 【自主制作映画】の現場からの悲鳴
    • 【小川紗良×堀田真由】映画大討論会
    • Netflix産【ヒップホップ映像】の社会性
    • 傑作【ヒップホップ】動画10選
    • 【ネトフリ×ヒップホップ】作品レビュー
    • 映画・ドラマ【サントラ】の裏事情
    • ネトフリの【麻薬ドラマ】のリアル度
    • 奇想天外【アフリカ】の忍者映画
    • 世界は【忍者】をどう描いたか?
    • 【深夜アニメの劇場版】が儲かる不思議
    • 劇場版アニメに見る【ポストジブリ】争い
    • 【ジャニーズ】がキラキラ映画で失敗する理由
    • 意外と面白い【キラキラ映画】レビュー
    • 【中東情勢の今】がわかる映画
    • 【芸能プロ】に映画監督が所属する理由

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

インタビュー

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』