>   >   > 罵詈雑言か筆削褒貶か タブーなき【『あまちゃん』】批判

──「能年ちゃんかわいい!」「クドカンの脚本見事!」「暗にAKB48批判を展開し…」「じぇじぇじぇ!」……うるせーっ! あまりの人気ぶりに批判することさえ許されない空気のある『あまちゃん』。だが、本当に誰にとってもおもしろいのか? ここでは、業界で働き、話題についていくために観ているけど、いまいちハマれなかった面々が、世間のタブーを破って『あまちゃん』のどこが嫌かを語った。

【座談会参加者】
A:テレビ誌ライター(能年玲奈の子犬のような目はツボ)
B:映像ディレクター(NHK朝ドラ歴5年)
C:文藝評論家(今クールは『半沢直樹』にハマる)

1310_Azadankai_01.jpg
世間の『あまちゃん』同調圧力にキーッ!

A 『あまちゃん』批判を存分にってことだけど、俺の感想はひとつ。能年玲奈が可愛かったことだけ。さっぱりハマれなかった!

B わかる。サブカル的な小ネタは満載だったけど、それらの演出すべてに宮藤官九郎のドヤ顔が透けて見えるのがダメだった。全編を通じて、そうした小ネタにちゃんと気がつくか試されてるみたいで、ストーリーが頭に入ってこなかったもん。

C キャスティングが良かったっていう人が多いけど、自分的にはまったく。例えば、漁協の組合長を演じた、でんでん。気のいいオジサン役だったけど、園子温の映画『冷たい熱帯魚』の猟奇的な殺し屋役のイメージが強すぎて、「会話に裏がある?」という見方しかできず……。

A ひとクセある舞台出身の女優を多く起用しているので、15分だとどうしても脇役の演技が重たい。まめぶ屋台を経営する、片桐はいり演じるあんべちゃんとか、朝から濃すぎでしょ。

B あと、東北なまりのズーズー弁を無理やり使ってるようでさ。能年演じるアキの方言も違和感あった。あれじゃ、方言のコスプレだよ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

映画のミカタ

映画のミカタ

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • 【彩川ひなの】ハレンチボディを毛布で包む

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ
    • 【真木しおり】爆乳JKのお戯れ

インタビュー

連載

    • 【橋本マナミ】いつかさらわれたいんです。
    • プレ東京五輪で優勝した期待の自転車選手
    • 【小島瑠璃子】好きになってもいいですか?
    • 高度に発達した【広告技術】の真実
    • 里美ゆりあ、さかもと未明、小池百合子の共通点は?
    • 【BOSS THE MC】20年間〈トーク〉をやめなかった男
    • 【アニソン音頭】が列島を制覇する
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【クライヴ・デイヴィス】黄金の耳を持つ名物社長
    • 【山尾志桜里】当選に見る政治史
    • 脳を破壊する【ロボトミー】ノーベル賞の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『女神の見えざる手』
    • 国民はなぜ「現状維持」を選んだ――【衆議院選】の総括
    • 小原真史の「写真時評」
    • サザエのアンチエイジング
    • ジャングルポケット/毎分1万5000回転!ハードすぎるローターがスゴイ!
    • 【半沢直樹】夫婦間呼称問題、セレブ妻が見せた女性側の内紛
    • エロいラップをする女性ヒップホップグループ
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化の墓泥棒が集う映画館で。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』