>   >   > 徹底解剖!【地上波ドラマ】「枠」で見る局の狙いと動向
第1特集
各局"枠"事情から見るドラマの舞台裏【1】

『半沢直樹』大ヒットは枠を見れば当然!? 各局"枠"事情から見るドラマの舞台裏

+お気に入りに追加
1310_tobira.jpg

 2013年の夏、テレビドラマをめぐる状況はまさに劇的だった。終盤に向かうNHK朝ドラ『あまちゃん』の盛り上がりは凄まじく、TBS『半沢直樹』は9月1日放送回の視聴率が30%を超えた。改めて注目を浴びるテレビドラマだが、ご存じの通り、放送にあたって各局は“枠”がある。本稿では、地上波の夜帯全ドラマ枠の並びから、それぞれの位置付けや、力の入れ具合などを探り、そこから見えてくる各局の意図や傾向を探る。

 まずは枠といえばここ! の「月9」を擁するフジテレビ。火曜のプライムに他の民放局はドラマを放送していないが、フジは「火9」「火10」と2枠を用意。金曜と日曜を除く全曜日でドラマを放送している。『踊る大捜査線』の特大ヒットによってドラマの映画化というビジネスモデルも確立し、地上波局の中では最もドラマに力を入れていることがわかる。

 TBSの看板枠は、やはり『半沢直樹』の「日曜劇場」。00年代以降では、民放連続ドラマ最高視聴率歴代2位の『ビューティフルライフ』(00年/41.3%)はじめ、『GOOD LUCK!!』(03年/37.6%)、『オヤジぃ。』(00年/28.0%)、『砂の器』(04年/26.3%)など、ヒット作は多い。かつては「報道のTBS」とも言われたが、後述の深夜枠含め、ドラマでも奮闘ぶりを見せている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

映画のミカタ

映画のミカタ

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • 【彩川ひなの】ハレンチボディを毛布で包む

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ
    • 【真木しおり】爆乳JKのお戯れ

インタビュー

連載

    • 【橋本マナミ】いつかさらわれたいんです。
    • プレ東京五輪で優勝した期待の自転車選手
    • 【小島瑠璃子】好きになってもいいですか?
    • 高度に発達した【広告技術】の真実
    • 里美ゆりあ、さかもと未明、小池百合子の共通点は?
    • 【BOSS THE MC】20年間〈トーク〉をやめなかった男
    • 【アニソン音頭】が列島を制覇する
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【クライヴ・デイヴィス】黄金の耳を持つ名物社長
    • 【山尾志桜里】当選に見る政治史
    • 脳を破壊する【ロボトミー】ノーベル賞の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『女神の見えざる手』
    • 国民はなぜ「現状維持」を選んだ――【衆議院選】の総括
    • 小原真史の「写真時評」
    • サザエのアンチエイジング
    • ジャングルポケット/毎分1万5000回転!ハードすぎるローターがスゴイ!
    • 【半沢直樹】夫婦間呼称問題、セレブ妻が見せた女性側の内紛
    • エロいラップをする女性ヒップホップグループ
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化の墓泥棒が集う映画館で。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』