>   > 【三谷英弘】ガチヲタ議員が児ポ法改正を憤る
インタビュー
【premium限定】ロングバージョン!

【三谷英弘】アニメを愛してやまない国会議員が、迷走するクール・ジャパンや児ポ法問題に喝ッ!!

+お気に入りに追加

──アニオタから国会議員へ! みんなの党の新人議員・三谷英弘が、クール・ジャパン法を一刀両断した!!

1310_P_mitani_01.jpg
(写真/磯部昭子 A/M)

 2012年の衆院選出馬前、“決意表明”として命より大切なフィギュアを100体処分、当選後には満面の笑みでフィギュアと2ショット、さらに秋葉原に住んでいた正真正銘のガチオタ議員、三谷英弘。そんな三谷氏が、アニメにハマったきっかけを聞くと……。

「東大法学部時代の司法試験勉強中、深夜にテレビをつけるのが唯一の心のオアシスだったんですよ。その時にやっていたのが『吸血姫美夕(ヴァンパイア ミユ)』(97年放映)というアニメで、すっげえ面白いなって。そこからです。『新世紀エヴァンゲリオン』は同じ時期に4夜連続の一挙再放送があって、ついつい全部観てしまいました。その後も『ガンダム』や『マクロス』シリーズを遡って観ましたね」

 そう語る三谷氏の顔は、“議員”というより、完全に“趣味を嬉々として語る30代オタク男性”そのものだ。

「弁護士になって、アニメDVDをここぞとばかりに大人買いしましたね。秋葉原に住んでいた頃はメイド喫茶に入り浸り、ゲーセンのクレーンゲームでフィギュアを取りまくったりしていました」

 話は止まらない。『マクロス』シリーズの中でも一番好きなのが『マクロス7』。『けいおん!』は律ちゃん派。「『CLANNAD -クラナド-』は人生です」とも言い切る。アイドルも射程内だ。群雄割拠のアイドル界においてハロプロ派を自認し、道重さゆみはデビュー時から「この子は来る」と注目。ちなみにAKB48では横山由依推しだという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載