>   > スキャンダル続きで重度の人間不信に陥った【橋本愛】

1306_az_hashimoto.jpg
橋本愛 写真集『あいの降るほし』でもみんなユイちゃんのこと応援してっからね!

 9月28日の最終話に向けてますます盛り上がるNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」だが、出演者の中でドラマ以外で最も話題を集めたと思われるのは能年玲奈演じる主人公・天野アキの親友・足立ユイを演じた橋本愛だった。

「5月には『フライデー』(講談社)で昨年公開の映画『桐島、部活やめるってよ』で共演した俳優の落合モトキとの“お泊まり愛”が発覚し、その後、落合と訪れたバーでの飲酒疑惑が浮上した。7月には出演したコンタクトレンズのCM発表会見で超不機嫌な態度をとって大々的に報じられてしまった。8月には『女性セブン』(小学館)で14歳年上のイケメン俳優・綾野剛と6月下旬にカフェデートしていることが報じられた。『あまちゃん』の表のMVPが能年だとすれば裏のMVPは橋本だろう」(スポーツ紙デスク)

 今や、週刊誌から女性誌まで毎週のように「あまちゃん」関連の記事が良かれ悪かれ何らかの形で掲載されているだけに、出演者のプライベートは格好のネタで、「8月13日に都内で行われた『あまちゃん』の打ち上げ会場の外にはマスコミ各社が集結。会を終えた能年が会場から出てくると、写真誌や女性誌の10台近くの車が能年が乗った車を追跡したせいで、能年を乗せた車は能年の自宅ではなさそうな場所に“避難”したほど」(NHK関係者)というだけに、橋本のプライベートも徹底的にマークされてしまったようだが、おかげで人間不信に陥ってしまったようだ。

「綾野とのデート報道後、自宅を引っ越してしまったが、家バレを避けるためごく数人の事務所関係者にしか引っ越し先を教えていないようだ。というのも。落合の件にしろ、綾野の件にしろ、周辺関係者からのリークを疑い始め、以前よりも心を閉ざすようになってしまった。おまけに、ヒドすぎる書き込みが多いため、周囲は『2ちゃんねるとか見るな』と何度もクギを指しているにもかかわらず、徹底的にネットの書き込みをチェックし、周辺関係者しか知らない情報が書き込まれていないか、書き込まれているとしたら誰が書いたか“犯人捜し”まではじめてしまったようで、メンタル面がかなり不安定」(同)

 なかなか次の仕事が決まらない能年に対して、橋本は10月から連ドラ「ハードナッツ!」(NHK BSプレミア)で主演が決定するなどステップアップしているだけに、周囲の“雑音”をシャットアウトして仕事に集中してほしいものだ。


サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」