>   > スキャンダル続きで重度の人間不信に陥った【橋本愛】

1306_az_hashimoto.jpg
橋本愛 写真集『あいの降るほし』でもみんなユイちゃんのこと応援してっからね!

 9月28日の最終話に向けてますます盛り上がるNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」だが、出演者の中でドラマ以外で最も話題を集めたと思われるのは能年玲奈演じる主人公・天野アキの親友・足立ユイを演じた橋本愛だった。

「5月には『フライデー』(講談社)で昨年公開の映画『桐島、部活やめるってよ』で共演した俳優の落合モトキとの“お泊まり愛”が発覚し、その後、落合と訪れたバーでの飲酒疑惑が浮上した。7月には出演したコンタクトレンズのCM発表会見で超不機嫌な態度をとって大々的に報じられてしまった。8月には『女性セブン』(小学館)で14歳年上のイケメン俳優・綾野剛と6月下旬にカフェデートしていることが報じられた。『あまちゃん』の表のMVPが能年だとすれば裏のMVPは橋本だろう」(スポーツ紙デスク)

 今や、週刊誌から女性誌まで毎週のように「あまちゃん」関連の記事が良かれ悪かれ何らかの形で掲載されているだけに、出演者のプライベートは格好のネタで、「8月13日に都内で行われた『あまちゃん』の打ち上げ会場の外にはマスコミ各社が集結。会を終えた能年が会場から出てくると、写真誌や女性誌の10台近くの車が能年が乗った車を追跡したせいで、能年を乗せた車は能年の自宅ではなさそうな場所に“避難”したほど」(NHK関係者)というだけに、橋本のプライベートも徹底的にマークされてしまったようだが、おかげで人間不信に陥ってしまったようだ。

「綾野とのデート報道後、自宅を引っ越してしまったが、家バレを避けるためごく数人の事務所関係者にしか引っ越し先を教えていないようだ。というのも。落合の件にしろ、綾野の件にしろ、周辺関係者からのリークを疑い始め、以前よりも心を閉ざすようになってしまった。おまけに、ヒドすぎる書き込みが多いため、周囲は『2ちゃんねるとか見るな』と何度もクギを指しているにもかかわらず、徹底的にネットの書き込みをチェックし、周辺関係者しか知らない情報が書き込まれていないか、書き込まれているとしたら誰が書いたか“犯人捜し”まではじめてしまったようで、メンタル面がかなり不安定」(同)

 なかなか次の仕事が決まらない能年に対して、橋本は10月から連ドラ「ハードナッツ!」(NHK BSプレミア)で主演が決定するなどステップアップしているだけに、周囲の“雑音”をシャットアウトして仕事に集中してほしいものだ。


人気記事ランキング
  1. 1別れる前のハワイ旅行はお約束? ZOZOTOWN社長にポイ捨てされた紗栄子、社長夫人の夢敗れたり!?2016.7.18
  2. 2『もののけ姫』の石火矢衆は犬神人そのもの――祇園祭でも大活躍!中世賎民が担った役目2016.7.27
  3. 3【磯部涼/川崎】スケボーが創り出すもうひとつの川崎2016.7.28
  4. 4「餃子の王将」社長はなぜ射殺されたのか――同和問題に暴力団、行政の腐敗…京都社会の裏を描くブックガイド2016.7.28
  5. 5【旅行雑誌には載らない"京都"裏案内】そこには、“夢”があった――ANARCHYが誕生した向島団地の真実<前編>2016.7.18
  6. 6『笑点』という大輪の花は、テレビに適応できず死んだ噺家たちの屍の上に咲いている――幽霊、落語から落日のテレビを観る。2016.7.25
  7. 7かわいいだけじゃやっぱりダメ!? フジテレビ・細貝沙羅アナウンサー人事異動に見る女子アナに必要な資質2016.7.7
  8. 8京都における光と影──伝統を支えたのは在日朝鮮人? 京が誇る友禅染と西陣織の裏面史2016.7.27
  9. 9【ビートたけし不定期連載】あのホテルが舛添効果で「ホテル満月」に改称 !?  猪瀬直樹よ、お前が言うなっつーの2016.7.27
  10. 10【哲学入門】英国がEU離脱を選択した背景には「主権は国民のもとにあるべきだ」という主張が根強くある2016.7.27
サイゾープレミア

2016年8月号

サブカル化するテレビと芸人の命運

サブカル化するテレビと芸人の命運
    • 【テレビを殺す】のは一体ダレか?
    • 芸人は皆【最期の仕事】を選べない
    • 【ビートきよし】が語る"引退"

サメと現役JKのキケンな邂逅

サメと現役JKのキケンな邂逅
    • 夢アド【京佳ちゃん】サメと絡む

インタビュー

連載