>   > スキャンダル続きで重度の人間不信に陥った【橋本愛】

1306_az_hashimoto.jpg
橋本愛 写真集『あいの降るほし』でもみんなユイちゃんのこと応援してっからね!

 9月28日の最終話に向けてますます盛り上がるNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」だが、出演者の中でドラマ以外で最も話題を集めたと思われるのは能年玲奈演じる主人公・天野アキの親友・足立ユイを演じた橋本愛だった。

「5月には『フライデー』(講談社)で昨年公開の映画『桐島、部活やめるってよ』で共演した俳優の落合モトキとの“お泊まり愛”が発覚し、その後、落合と訪れたバーでの飲酒疑惑が浮上した。7月には出演したコンタクトレンズのCM発表会見で超不機嫌な態度をとって大々的に報じられてしまった。8月には『女性セブン』(小学館)で14歳年上のイケメン俳優・綾野剛と6月下旬にカフェデートしていることが報じられた。『あまちゃん』の表のMVPが能年だとすれば裏のMVPは橋本だろう」(スポーツ紙デスク)

 今や、週刊誌から女性誌まで毎週のように「あまちゃん」関連の記事が良かれ悪かれ何らかの形で掲載されているだけに、出演者のプライベートは格好のネタで、「8月13日に都内で行われた『あまちゃん』の打ち上げ会場の外にはマスコミ各社が集結。会を終えた能年が会場から出てくると、写真誌や女性誌の10台近くの車が能年が乗った車を追跡したせいで、能年を乗せた車は能年の自宅ではなさそうな場所に“避難”したほど」(NHK関係者)というだけに、橋本のプライベートも徹底的にマークされてしまったようだが、おかげで人間不信に陥ってしまったようだ。

「綾野とのデート報道後、自宅を引っ越してしまったが、家バレを避けるためごく数人の事務所関係者にしか引っ越し先を教えていないようだ。というのも。落合の件にしろ、綾野の件にしろ、周辺関係者からのリークを疑い始め、以前よりも心を閉ざすようになってしまった。おまけに、ヒドすぎる書き込みが多いため、周囲は『2ちゃんねるとか見るな』と何度もクギを指しているにもかかわらず、徹底的にネットの書き込みをチェックし、周辺関係者しか知らない情報が書き込まれていないか、書き込まれているとしたら誰が書いたか“犯人捜し”まではじめてしまったようで、メンタル面がかなり不安定」(同)

 なかなか次の仕事が決まらない能年に対して、橋本は10月から連ドラ「ハードナッツ!」(NHK BSプレミア)で主演が決定するなどステップアップしているだけに、周囲の“雑音”をシャットアウトして仕事に集中してほしいものだ。


Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

映画のミカタ

映画のミカタ

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • 【彩川ひなの】ハレンチボディを毛布で包む

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ
    • 【真木しおり】爆乳JKのお戯れ

インタビュー

連載

    • 【橋本マナミ】いつかさらわれたいんです。
    • プレ東京五輪で優勝した期待の自転車選手
    • 【小島瑠璃子】好きになってもいいですか?
    • 高度に発達した【広告技術】の真実
    • 里美ゆりあ、さかもと未明、小池百合子の共通点は?
    • 【BOSS THE MC】20年間〈トーク〉をやめなかった男
    • 【アニソン音頭】が列島を制覇する
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【クライヴ・デイヴィス】黄金の耳を持つ名物社長
    • 【山尾志桜里】当選に見る政治史
    • 脳を破壊する【ロボトミー】ノーベル賞の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『女神の見えざる手』
    • 国民はなぜ「現状維持」を選んだ――【衆議院選】の総括
    • 小原真史の「写真時評」
    • サザエのアンチエイジング
    • ジャングルポケット/毎分1万5000回転!ハードすぎるローターがスゴイ!
    • 【半沢直樹】夫婦間呼称問題、セレブ妻が見せた女性側の内紛
    • エロいラップをする女性ヒップホップグループ
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化の墓泥棒が集う映画館で。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』