>   > スキャンダル続きで重度の人間不信に陥った【橋本愛】

1306_az_hashimoto.jpg
橋本愛 写真集『あいの降るほし』でもみんなユイちゃんのこと応援してっからね!

 9月28日の最終話に向けてますます盛り上がるNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」だが、出演者の中でドラマ以外で最も話題を集めたと思われるのは能年玲奈演じる主人公・天野アキの親友・足立ユイを演じた橋本愛だった。

「5月には『フライデー』(講談社)で昨年公開の映画『桐島、部活やめるってよ』で共演した俳優の落合モトキとの“お泊まり愛”が発覚し、その後、落合と訪れたバーでの飲酒疑惑が浮上した。7月には出演したコンタクトレンズのCM発表会見で超不機嫌な態度をとって大々的に報じられてしまった。8月には『女性セブン』(小学館)で14歳年上のイケメン俳優・綾野剛と6月下旬にカフェデートしていることが報じられた。『あまちゃん』の表のMVPが能年だとすれば裏のMVPは橋本だろう」(スポーツ紙デスク)

 今や、週刊誌から女性誌まで毎週のように「あまちゃん」関連の記事が良かれ悪かれ何らかの形で掲載されているだけに、出演者のプライベートは格好のネタで、「8月13日に都内で行われた『あまちゃん』の打ち上げ会場の外にはマスコミ各社が集結。会を終えた能年が会場から出てくると、写真誌や女性誌の10台近くの車が能年が乗った車を追跡したせいで、能年を乗せた車は能年の自宅ではなさそうな場所に“避難”したほど」(NHK関係者)というだけに、橋本のプライベートも徹底的にマークされてしまったようだが、おかげで人間不信に陥ってしまったようだ。

「綾野とのデート報道後、自宅を引っ越してしまったが、家バレを避けるためごく数人の事務所関係者にしか引っ越し先を教えていないようだ。というのも。落合の件にしろ、綾野の件にしろ、周辺関係者からのリークを疑い始め、以前よりも心を閉ざすようになってしまった。おまけに、ヒドすぎる書き込みが多いため、周囲は『2ちゃんねるとか見るな』と何度もクギを指しているにもかかわらず、徹底的にネットの書き込みをチェックし、周辺関係者しか知らない情報が書き込まれていないか、書き込まれているとしたら誰が書いたか“犯人捜し”まではじめてしまったようで、メンタル面がかなり不安定」(同)

 なかなか次の仕事が決まらない能年に対して、橋本は10月から連ドラ「ハードナッツ!」(NHK BSプレミア)で主演が決定するなどステップアップしているだけに、周囲の“雑音”をシャットアウトして仕事に集中してほしいものだ。


Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』