>   >   > 【キムタク】ドラマの視聴率不安

1309_news_kimura.jpg
『MR.BRAIN DVD-BOX』( レントラックジャパン)。キムタクドラマの迷走は続く。

 先日、各スポーツ紙でキムタクことSMAPの木村拓哉が10月スタートの日曜午後9時枠のTBS系連続ドラマ『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』に主演することが発表された。

 同枠での木村の主演ドラマは11年10月クール放送の『南極大陸』以来3年ぶりとなるが、今回のドラマで木村が演じるのは2113年から現実に送り込まれたアンドロイドと天才科学者の2役。03年放送のTBS系ドラマ『GOOD LUCK!!』でコンビを組んだ柴咲コウ演じるヒロインとの時空を超えた恋物語だという。

「総理、パイロット、レーサー、財閥の御曹司、脳科学者、アスリート、美容師などさまざまな役柄に挑んできたキムタクだが、とうとう、現実世界では演じる役がなくなってしまったのでは。とはいえ、キムタクはどの役を演じても結局、キムタクだけに、違和感はなさそうだが」(テレビ関係者)

『南極大陸』は同局の60周年記念番組に集大成として放送されたものの、平均視聴率は18・0%とやや物足りない感があり、「当初は、10月から翌年3月までの2クールの放送が予定されていたが、視聴率が思ったよりも伸びなかったため、1クールに“短縮”された」(TBS関係者)というが、同局にとってやはり木村は“切り札”的存在。ところが、今回はそれが裏目に出てしまったというのだ。

「TBSといえば、このところドラマの視聴率が低迷続き。そのため、キムタクに登場いただく次第となった。ところが、現在、同枠で放送されているドラマ『半沢直樹』が大ヒットすることを誰も予想しておらず、『半沢直樹』の低迷を挽回するためキムタクドラマを『半沢直樹』の次のクールに入れた。ところが、回を重ねるごと視聴率がアップし、8月11日の第5話は早くも29・0%と30%超えの大台目前。期待の低さをうかがわせるように18日は『世界陸上』でドラマの放送予定がなかったため、局に視聴者からの抗議が殺到したとか。そのため、キムタクドラマの制作サイドには早くも平均20%超えが最低限のノルマとして課されている。“ハードル”が上がったところでドラマがスタートするキムタクも運が悪かったが…」(同)

 堺といえば、『南極大陸』に脇役で出演。木村としては負けてられないはず。

 番組の公式Twitterには「皆さんが感じているような『寒い』ものにしないために、色んな人のちからを借りて、ずっと前から工夫している」と書き込まれているが、「半沢直樹」の視聴率が上がれば上がるほど、キムタクドラマの制作サイドは追い込まれることになりそうだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』