>   >   > 【キムタク】ドラマの視聴率不安

1309_news_kimura.jpg
『MR.BRAIN DVD-BOX』( レントラックジャパン)。キムタクドラマの迷走は続く。

 先日、各スポーツ紙でキムタクことSMAPの木村拓哉が10月スタートの日曜午後9時枠のTBS系連続ドラマ『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』に主演することが発表された。

 同枠での木村の主演ドラマは11年10月クール放送の『南極大陸』以来3年ぶりとなるが、今回のドラマで木村が演じるのは2113年から現実に送り込まれたアンドロイドと天才科学者の2役。03年放送のTBS系ドラマ『GOOD LUCK!!』でコンビを組んだ柴咲コウ演じるヒロインとの時空を超えた恋物語だという。

「総理、パイロット、レーサー、財閥の御曹司、脳科学者、アスリート、美容師などさまざまな役柄に挑んできたキムタクだが、とうとう、現実世界では演じる役がなくなってしまったのでは。とはいえ、キムタクはどの役を演じても結局、キムタクだけに、違和感はなさそうだが」(テレビ関係者)

『南極大陸』は同局の60周年記念番組に集大成として放送されたものの、平均視聴率は18・0%とやや物足りない感があり、「当初は、10月から翌年3月までの2クールの放送が予定されていたが、視聴率が思ったよりも伸びなかったため、1クールに“短縮”された」(TBS関係者)というが、同局にとってやはり木村は“切り札”的存在。ところが、今回はそれが裏目に出てしまったというのだ。

「TBSといえば、このところドラマの視聴率が低迷続き。そのため、キムタクに登場いただく次第となった。ところが、現在、同枠で放送されているドラマ『半沢直樹』が大ヒットすることを誰も予想しておらず、『半沢直樹』の低迷を挽回するためキムタクドラマを『半沢直樹』の次のクールに入れた。ところが、回を重ねるごと視聴率がアップし、8月11日の第5話は早くも29・0%と30%超えの大台目前。期待の低さをうかがわせるように18日は『世界陸上』でドラマの放送予定がなかったため、局に視聴者からの抗議が殺到したとか。そのため、キムタクドラマの制作サイドには早くも平均20%超えが最低限のノルマとして課されている。“ハードル”が上がったところでドラマがスタートするキムタクも運が悪かったが…」(同)

 堺といえば、『南極大陸』に脇役で出演。木村としては負けてられないはず。

 番組の公式Twitterには「皆さんが感じているような『寒い』ものにしないために、色んな人のちからを借りて、ずっと前から工夫している」と書き込まれているが、「半沢直樹」の視聴率が上がれば上がるほど、キムタクドラマの制作サイドは追い込まれることになりそうだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』