>   >   > 父親のプロデュースじゃなくて命拾い!? ...

1308_pn_aska2.jpg
ASKAの君の知らない君の歌

「週刊文春」(文芸春秋)のスクープが発端となり薬物中毒疑惑が浮上した男性デュオ「CHAGE and ASKA」のASKAだが、いまだに“火の粉”がくすぶったままだという。

「ASKAは芸能界の大物の元に駆け込んで"火消し"を画策したが、『文春』では続報が出て、『フラッシュ』(光文社)ではASKAに覚せい剤を売った売人がASKAの中毒ぶりを暴露。もはや、ASKA本人が出てきて会見しない限り、疑惑を払拭することはできない」(スポーツ紙デスク)

 そんなASKAだが、愛娘の宮崎薫が一昨年にシンガーソングライターとして芸能界デビューしたのはあまり知られていない。

「公式サイトなどにはASKAの名前を一切出さず、プロデュースしたのもほかのクリエイター。とはいえ、ASKAの娘であることは関係者の間で知られており、メジャーデビューしていないにもかかわらず、曲が某大手自動車メーカーのCMソングに起用され、それがきっかけで昨年エイベックスと契約し、10月にアルバムを発売しメジャーデビュー。しかし、ASKAの名前も無ければ、プロモーションもほとんど行われなかっため、1000枚も売れなかった」(音楽関係者)

 最近の活動を見ても、地方のラジオ局の番組出演、地方の大学のオープンキャンパスのCMソング、地方のライブイベントへの出演などかなり地味な活動ばかりだが、父の"看板"で仕事をしていなかったおかげで命拾いしたようだ。

「本人はマイペースで華やかなことを嫌う性格。父親からプロデュースの申し出があったが、『自分のやりたいようにやる』と断ったようだ。だから、さほど売れなくても気にならない様子。ただ、レコード会社からすれば、売れなければ“不良債権”なだけに、もっと欲を出してほしいと思っているようだが」(同)

 たしかに、父・ASKAの名前を使えばまるで"麻薬"のように一時期的には効力がありそうだが、自力でやってみて売れなければ本人も納得しそうだ。


サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」