>   >   > 父親のプロデュースじゃなくて命拾い!? ...

1308_pn_aska2.jpg
ASKAの君の知らない君の歌

「週刊文春」(文芸春秋)のスクープが発端となり薬物中毒疑惑が浮上した男性デュオ「CHAGE and ASKA」のASKAだが、いまだに“火の粉”がくすぶったままだという。

「ASKAは芸能界の大物の元に駆け込んで"火消し"を画策したが、『文春』では続報が出て、『フラッシュ』(光文社)ではASKAに覚せい剤を売った売人がASKAの中毒ぶりを暴露。もはや、ASKA本人が出てきて会見しない限り、疑惑を払拭することはできない」(スポーツ紙デスク)

 そんなASKAだが、愛娘の宮崎薫が一昨年にシンガーソングライターとして芸能界デビューしたのはあまり知られていない。

「公式サイトなどにはASKAの名前を一切出さず、プロデュースしたのもほかのクリエイター。とはいえ、ASKAの娘であることは関係者の間で知られており、メジャーデビューしていないにもかかわらず、曲が某大手自動車メーカーのCMソングに起用され、それがきっかけで昨年エイベックスと契約し、10月にアルバムを発売しメジャーデビュー。しかし、ASKAの名前も無ければ、プロモーションもほとんど行われなかっため、1000枚も売れなかった」(音楽関係者)

 最近の活動を見ても、地方のラジオ局の番組出演、地方の大学のオープンキャンパスのCMソング、地方のライブイベントへの出演などかなり地味な活動ばかりだが、父の"看板"で仕事をしていなかったおかげで命拾いしたようだ。

「本人はマイペースで華やかなことを嫌う性格。父親からプロデュースの申し出があったが、『自分のやりたいようにやる』と断ったようだ。だから、さほど売れなくても気にならない様子。ただ、レコード会社からすれば、売れなければ“不良債権”なだけに、もっと欲を出してほしいと思っているようだが」(同)

 たしかに、父・ASKAの名前を使えばまるで"麻薬"のように一時期的には効力がありそうだが、自力でやってみて売れなければ本人も納得しそうだ。


Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

映画のミカタ

映画のミカタ

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • 【彩川ひなの】ハレンチボディを毛布で包む

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ
    • 【真木しおり】爆乳JKのお戯れ

インタビュー

連載

    • 【橋本マナミ】いつかさらわれたいんです。
    • プレ東京五輪で優勝した期待の自転車選手
    • 【小島瑠璃子】好きになってもいいですか?
    • 高度に発達した【広告技術】の真実
    • 里美ゆりあ、さかもと未明、小池百合子の共通点は?
    • 【BOSS THE MC】20年間〈トーク〉をやめなかった男
    • 【アニソン音頭】が列島を制覇する
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【クライヴ・デイヴィス】黄金の耳を持つ名物社長
    • 【山尾志桜里】当選に見る政治史
    • 脳を破壊する【ロボトミー】ノーベル賞の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『女神の見えざる手』
    • 国民はなぜ「現状維持」を選んだ――【衆議院選】の総括
    • 小原真史の「写真時評」
    • サザエのアンチエイジング
    • ジャングルポケット/毎分1万5000回転!ハードすぎるローターがスゴイ!
    • 【半沢直樹】夫婦間呼称問題、セレブ妻が見せた女性側の内紛
    • エロいラップをする女性ヒップホップグループ
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化の墓泥棒が集う映画館で。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』