サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 父親のプロデュースじゃなくて命拾い!? ...

1308_pn_aska2.jpg
ASKAの君の知らない君の歌

「週刊文春」(文芸春秋)のスクープが発端となり薬物中毒疑惑が浮上した男性デュオ「CHAGE and ASKA」のASKAだが、いまだに“火の粉”がくすぶったままだという。

「ASKAは芸能界の大物の元に駆け込んで"火消し"を画策したが、『文春』では続報が出て、『フラッシュ』(光文社)ではASKAに覚せい剤を売った売人がASKAの中毒ぶりを暴露。もはや、ASKA本人が出てきて会見しない限り、疑惑を払拭することはできない」(スポーツ紙デスク)

 そんなASKAだが、愛娘の宮崎薫が一昨年にシンガーソングライターとして芸能界デビューしたのはあまり知られていない。

「公式サイトなどにはASKAの名前を一切出さず、プロデュースしたのもほかのクリエイター。とはいえ、ASKAの娘であることは関係者の間で知られており、メジャーデビューしていないにもかかわらず、曲が某大手自動車メーカーのCMソングに起用され、それがきっかけで昨年エイベックスと契約し、10月にアルバムを発売しメジャーデビュー。しかし、ASKAの名前も無ければ、プロモーションもほとんど行われなかっため、1000枚も売れなかった」(音楽関係者)

 最近の活動を見ても、地方のラジオ局の番組出演、地方の大学のオープンキャンパスのCMソング、地方のライブイベントへの出演などかなり地味な活動ばかりだが、父の"看板"で仕事をしていなかったおかげで命拾いしたようだ。

「本人はマイペースで華やかなことを嫌う性格。父親からプロデュースの申し出があったが、『自分のやりたいようにやる』と断ったようだ。だから、さほど売れなくても気にならない様子。ただ、レコード会社からすれば、売れなければ“不良債権”なだけに、もっと欲を出してほしいと思っているようだが」(同)

 たしかに、父・ASKAの名前を使えばまるで"麻薬"のように一時期的には効力がありそうだが、自力でやってみて売れなければ本人も納得しそうだ。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

インタビュー

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』