>   >   > 【マルサの女】──山地まり
連載
マルサの女

【山地まり】胸がまだ成長中で痛いんです。

+お気に入りに追加

1309_marusa_01.jpg
(写真/石黒幸誠 go relax E more)

 まるで石膏でできた彫刻像のような艶めかしい姿で表紙を飾ってくれたのは、2012年に芸能界入りしたばかりの山地まりちゃん。19歳にしては昭和の雰囲気が漂う地味めなお姉さんふうのルックスに、高校卒業後もなお成長中というFカップバストがアンバランスです。

「結構みなさんから『昭和っぽいよね』『田舎っぽいよね』って言われて、用意される水着とかも紺とか茶色とか地味な色が多いんですよね。でも平成生まれですし、東京のど真ん中、青山育ちなんですよ(笑)」

 これは失礼しました、超都会っ子じゃないですか。にもかかわらず、夜遊びもせず19時には家に帰りたくなるという、今どき珍しい真面目な性格。そんな子がなぜグラビアに?

「小学生の頃から漠然と演技に興味があって、でもどうすれば芸能界に入れるかわからなかったんです。そしたら今の事務所の社長さんにスカウトされて」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2014年11月

アニメ(禁)事情

アニメ(禁)事情

今語るべきTOKIO

今語るべきTOKIO
  • 三流ジャニーズ【TOKIO】の軌跡
  • 【曽我部恵一】が語るTOKIOの音楽論
  • 【テレビバラエティ】が押し上げたTOKIOの実力

連載

    • 【西田藍】選び取られたセーラー服の歴史
    • 【マンガ家・服部昇大】つまり、歌い手とは?
    • 【西森路代】顔ファンはやっぱり邪道なのか?
    • 【高橋ダイスケ】ペチペチ言うヤツは骨法の恐ろしさを思い知るがよい!
    • 【サラリーマン・西国分寺藍】恋人じゃなくていい!こじるりと友だちになりたい
    • 【MOODMAN】オヒョイさんとほろ酔い 大人のワインバーゲーム
    • 【文月悠光】少女時代が笑顔を貫く理由
    • 『高須基仁の「全摘」』
    • 『哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」』
    • 『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』
    • 【STAND BY ME ドラえもん】電通の『ドラえもん』が残した違和感と哀しみ
    • 『丸屋九兵衛の音楽時事備忘録「ファンキー・ホモ・サピエンス」』
    • 『法社会学者・河合幹雄の「法"痴"国家ニッポン」』
    • 『町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」』
    • 『藏本天外の奇想天外』
    • 『神保哲生×宮台真司の「マル激 TALK ON DEMAND」』
    • 『作家・町田康の「続・関東戎夷焼煮袋」』
    • 『小原真史の「写真時評 ~モンタージュ 過去×現在~」』
    • 『ロバート秋山竜次の「アダルトグッズ"妄想"使用指南」』
    • 『お色気性事学入門』――【木南日菜✕マスコミ不信】
    • 『麻生泰のコンプレックス駆け込み寺』
    • 【最終回】『宇野常寛の批評のブルーオーシャン』