サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【チャゲアス】ASKA薬物報道を即否定した理由は?
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

「事実に反しており」の根拠は?チャゲアス・ASKAの事務所が「文春」の記事にさっそく反論した理由

+お気に入りに追加

1308_pnews_aska.jpg
ぴあ&ASKA(ぴあ)。堂本剛と対談してるのが気になる。

 男性デュオ「CHAGEandASKA(以下チャゲアス)」のASKAが薬物を使用する映像を元に暴力団関係者から脅迫されていたと、1日発売の「週刊文春」(文芸春秋)8月8日号で報じられた件で、チャゲアスの所属事務所「ロックダムアーティスツ」は同日、「報道の内容は事実に反しており、大変遺憾です。弊社としてはこれらの報道に対し、厳重に抗議いたします」とのコメントを公式サイトで発表した。

 同誌によると、ASKAは暴力団関係者から覚醒剤など数種類の薬物を購入。さらには、ASKAが薬物を使用する映像を盗撮した関係者から脅迫を受けたというが、事務所担当者は同日、一部スポーツ紙に対して「映像があったという記述も含めて事実ではありません」とコメント。また、ASKAは、今月末にチャゲアスの活動再開コンサートを予定していたが、6月に一過性脳虚血症の疑いがあるとして公演の延期を発表し体調が心配されていたが、同担当者は「現在も療養中です。今回の報道について、ASKAから説明することはありません」としているがかなり分が悪いようだ。

「ASKAの薬物使用映像については、ほかのメディアにも関係者を通じて“売り込み”があったようで、このまま事務所が否定し続けるならば、ついにその“証拠”がメディアに出てしまう可能性もありそう。そもそも『文春』はしっかり裏を取っていなければ、ASKAが逮捕されていないにもかかわらず、堂々と実名で報じるということはなかっただろう。『ロックダム』は『報道の内容は事実に反しており』としているが、どこが事実でどこが事実でないかをきちんと説明しないと今回の報道を打ち消すことはできないだろう」(週刊誌記者)

 にもかかわらず、事務所サイドは早急に否定コメントを出したが、それにはそうせざるを得ない深い事情があったというのだ。

「現在のチャゲアスは大手レコード会社『ユニバーサルミュージック』に所属しているが、ユニバーサルもほかのレコード会社同様、長引く“音楽不況”のあおりを受けCDが売れないため、売れない歌手はどんどん契約を打ち切る方針。チャゲアスは同社に移籍後、ヒット曲がなく、目立った実績と言えば、09年2月に同社から発売されたベストアルバムが5万枚売れたぐらい。ただでさえリストラ対象なのに、今回のような件があればたちまち契約を切られてしまうだろう。そうならないように、とりあえず、否定することが必要だったが、今後、続報が報じられ何も“反論”できないようであれば契約を切られることになりそう」(レコード会社関係者)

 ソロでコツコツと音楽活動を続け、チャゲアスの活動再開を待ちわびていたCHAGEはとんだどばっちりを受けてしまったようだ。

(了)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画
    • 【ライブ配信】儲けのカラクリ
    • 【本田翼】もハマるゲーム実況
    • 決定!2018年【邦画ラジー賞】
    • 【アジア系】が逆襲するハリウッド
    • 注目のハリウッド【アジア系俳優】
    • 【片山萌美】ショーガールグラビア
    • 俳優に責任を問う【報道の愚行】
    • 【自主制作映画】の現場からの悲鳴
    • 【小川紗良×堀田真由】映画大討論会
    • Netflix産【ヒップホップ映像】の社会性
    • 傑作【ヒップホップ】動画10選
    • 【ネトフリ×ヒップホップ】作品レビュー
    • 映画・ドラマ【サントラ】の裏事情
    • ネトフリの【麻薬ドラマ】のリアル度
    • 奇想天外【アフリカ】の忍者映画
    • 世界は【忍者】をどう描いたか?
    • 【深夜アニメの劇場版】が儲かる不思議
    • 劇場版アニメに見る【ポストジブリ】争い
    • 【ジャニーズ】がキラキラ映画で失敗する理由
    • 意外と面白い【キラキラ映画】レビュー
    • 【中東情勢の今】がわかる映画
    • 【芸能プロ】に映画監督が所属する理由

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

インタビュー

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』