>   >   > 生かすも殺すも金次第 【歌番組】が消えるワケ
第1特集
カラオケ番組と化した歌番組没落とテレビ局の打算【1】

かつての名番組はなぜ衰退したのか? 生かすも殺すも金次第歌番組が消えるワケ

+お気に入りに追加

──かつてはゴールデンで放映され、安定した視聴率を獲得していた歌番組。だが、それも現在では深夜枠に追いやられている。この不毛なジャンルはどこに向かうのだろうか?

1308_musicch_01.jpg

 歌番組の凋落が止まらない――。1970~80年代は、『ザ・ベストテン』(TBS)、『夜のヒットスタジオ』(フジ)、『紅白歌のベストテン』(後の『ザ・トップテン』・日テレ)などの番組が、ゴールデンタイムを席巻していたことを記憶している読者も多いだろう。視聴率も『ザ・ベストテン』が全盛期の80年代初頭で平均18%、最高視聴率は40%超えを記録。そのほかの番組も平均12~18%を叩きだしていた。

 その後、冒頭に挙げた各番組は80年代後半に軒並み終了、一時、歌番組そのものが失速するものの、90年代に入るとバラエティ要素を強く持たせた『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』(フジ)や『うたばん』(TBS)が登場。平均視聴率は15%強を誇っていたが、現在では、それらも消滅。先日、『HEY!HEY!HEY!~』が特番で復活したが、現存している有名ドコロの歌番組は『ミュージックステーション』(テレ朝)や『MUSIC JAPAN』(NHK)が挙げられる。だが、現在の歌番組の多くは深夜帯で放映されており、また、レーベルとの密接なつながりで辛うじて放映されているのが現状だという。

「歌番組では視聴率が取れない時代になり、今はどの番組も視聴率が一桁台。人気アイドルや売れているバンドが登場しても、良くて8%程度にしかならない」(テレビ関係者)

 さてここでは、こうした歌番組がなぜ凋落したのか、その裏面史と、歌番組の展望を見ていこう。

 まずは、歌手を中心にマネジメントする芸能プロダクション、いわゆる“歌プロ”の幹部は、聴き手の変化について次のように解説する。

「80年代後半、CDが世に出回った頃から、音楽コンテンツがジャンルごとに細分化され始めたようです。演歌、歌謡曲は還暦を過ぎた人達が聴く音楽、30~40代はJ‐POP、それ以下はアイドル……という、それまでなんとなく分けられていた業界のジャンルという不文律が確立された。こうした流れが加速すると、歌番組にも視聴者ターゲットに合った歌手だけを出演させる番組構成が求められるのですが、それではマス(= 大衆)を相手にした視聴率は取りづらい。そこで生まれたのが、幅広い視聴者を持つバラエティ番組と歌番組の融合です」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017
    • 【ハクソー・リッジ】はなぜ炎上?
    • 【フリーメイスン】ビジネスの裏側
    • 【ネタ消費】されるフリーメイスン
    • 世間を洗脳する【PR会社】の実像
    • 有名事案で暗躍した【PR会社】の功績
    • 【世界遺産】乱立の真相
    • 【福岡・北九州】相克の近代100年史
    • 九州で蠢く【闇ビジネス】の実相
    • 【七社会と麻生グループ】の癒着
    • 【ナマモノBL】は本当にタブーなのか?
    • 【福山雅治】もハマったBL妄想
    • 【音楽業界】の歌詞"自主規制"問題
    • キスもNG?保険ありきの【MV】事情
    • 【ぱちんこ】出玉規制強化に見る警察の本音
    • 【ぱちんこ】は北朝鮮の資金源か!?
    • 急増する【仮想通貨】詐欺の最前線
    • 【仮想通貨】誕生の背景
    • 【優生学】の歴史的背景と真実
    • 日本国内外の【優生保護法】
    • 【うんこドリル】から考えるミソジニー
    • 【うんこドリル】に見る哲学的例文集

チラリと見える和モノ写真進化考

    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

    • 【紗栄子】ついに破局!ゾゾタウンの英断
    • 【安倍政権】をめぐるマスコミ舞台裏
    • 【松居一代】を現役精神科医が語る

インタビュー

    • 【松永有紗】JKを卒業した女優の行く手
    • 【あずき】瑛太&深キョンと共演した人気ハリネズミ
    • 【金子大輝】危険な格闘家は瞳がキュート

連載

    『マルサの女』
    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    特別企画
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    彼女の耳の穴
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    『高須基仁の「全摘」』
    • サブカルチャーの終焉を見た
    『林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」』
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    『大石始のマツリフューチャリズム』
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    『哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」』
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    『丸屋九兵衛の音楽時事備忘録「ファンキー・ホモ・サピエンス」』
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    『法社会学者・河合幹雄の「法"痴"国家ニッポン」』
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    『精神科医・岩波明の「精神異学」』
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    『町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」』
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    『神保哲生×宮台真司の「マル激 TALK ON DEMAND」』
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    『小原真史の「写真時評 ~モンタージュ 過去×現在~」』
    • 戦死者たちの肖像(上)
    『笹 公人と江森康之の「念力事報」』
    • もやもや籠池劇場
    『ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」』
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    『稲田豊史の「オトメゴコロ乱読修行」』
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    『アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」』
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    『辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」』
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    『更科修一郎の「批評なんてやめときな?」』
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』