>   >   > 【町山智浩】原子力に代わるエネルギー シェール・ガス革命の陥穽
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第69回

原子力に代わるエネルギー シェール・ガス革命の陥穽

+お気に入りに追加

雲に隠れた岩山のように、正面からでは見えてこない。でも映画のスクリーンを通してズイズイッと見えてくる、超大国の真の姿をお届け。

『プロミスト・ランド』

1307_machiyama_01.jpg

天然ガス会社の社員であるバトラー(マット・デイモン)は、ある農村で天然ガス採掘に向けた契約を取りに回っていた。町人たちから親しまれ、順風満帆に思われたバトラーの前に、思いもよらぬ敵が現れる……。

監督/ガス・ヴァン・サント 製作/クリス・ムーア、ジョン・クラシンスキー、マット・デイモン 出演/マット・デイモン、ジョン・クラシンスキー、ローズマリー・デウィットほか 日本での公開は未定。


 高すぎる石油価格のために航空会社は経営難にあえぎ、その石油産出量もすでにピークを越えて、あとは枯渇に向けて減少の一途。頼みの綱の原子力の安全神話も崩壊した今、シェール・ガス革命に世界の期待がかかっている。

 シェール・ガスとはシェール(頁岩)層にある天然ガスのこと。頁岩とは泥が圧縮されて固まった岩だ。従来、天然ガスは砂岩の層から採取されていたが、高圧の水を使って固い岩を破砕する新技術によって、頁岩からもガス採取が可能になった。これを水圧破砕法(ハイドローリック・フラクチャリング)と呼ぶ。

 この水圧破砕法のおかげで、米国での天然ガス生産量は2012年にロシアを超え世界最大になった。日本への液化天然ガス輸出も承認された。近い将来アメリカのエネルギー需要の4割が天然ガスになると予想され、原子力に代わる発電エネルギーになるともいわれる。

 しかし水圧破砕法の危険性も問題化している。水圧破砕法に使われた天然ガスを含んだ水が、地下水を汚染するというのだ。10年に作られたドキュメンタリー映画『ガスランド』は、全米各地の天然ガス採掘現場を訪れ、天然ガスを含んだ井戸水で家畜が死ぬなどの被害をルポする。また、汲み上げた地下水を浄水して水道水にしている場合は、それも汚染される。ひどい時は、水道の蛇口にライターを近づけると引火して炎が燃え上がる!

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  2. 2やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  3. 3お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  4. 4日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  5. 5音事協を取り巻く団体のトップは芸能界の重鎮? JASRAC収益は143億円! 音事協と関連団体の“絆”2017.5.22
  6. 6【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  7. 7メディアへの圧力団体という虚像――タレント肖像権をチラつかせる音事協はタブー団体なのか?2017.5.22
  8. 8裏社会とのつながりを憂慮した歴代のトップたち…芸能界の重鎮が歴任! 音事協会長の履歴書2017.5.22
  9. 9GSと田邊社長が築いた芸能システム――一介のドラマーが芸能界のドンへ! グループ・サウンズから見る芸能史2017.5.21
  10. 10佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載