連載
お騒がせ男の”最初で最後の懺悔録”──高須基仁 の「全摘」 No.15

売り上げ不振の女性誌「DRESS」 山本編集長は米倉涼子の使い方を間違えている!

+お気に入りに追加

──年齢不詳、職業不明、痛風持ち……老獪タカスが、自らの五臓六腑をすする気合で過激に告白&提言

1307_NS_15.jpg
私が、最も「DRESS」の表紙に似合うと思うのが、この女性。新橋のSL広場に掲げられている女子競輪の巨大ポスター「顔より太もも。」の田中麻衣美選手だ。米倉の陶器的な太ももより、筋肉でぬめぬめとしていい。

 見城徹(幻冬舎社長)、秋元康、松浦勝人(エイベックス・グループ・ホールディングス社長)、藤田晋(サイバーエージェント社長)が経営に参画し、「美ST」(光文社)の元編集長・山本由樹が編集長を務める女性誌「DRESS」(ギフト)が苦戦している。何事も初動速度が大事だが、紀伊國屋書店のデータによれば、創刊号の消化率は38・5%。2号目も21・1%(5月31日現在)だという。惨憺たる状況だ。心配なのは、1年間表紙モデルを務める米倉涼子である。売れ行き不振の責任を押し付けられるのではないか。

 米倉はドラマ『35歳の高校生』(日本テレビ系)で制服姿を披露しているが、あのはじけ方に比べると、「DRESS」でははじけていない。なぜドラマとタイアップして制服の表紙にしなかったのか疑問だ。

 米倉は妾っぽい雰囲気があり、清濁併せ呑むキャラクターで、好悪から外れたところに魅力がある。主に支持しているのは、ヤンキー、地下格闘技ファン、そして関東連合だ。市川海老蔵がぶん殴られたのは、米倉を陵辱したから。米倉は海老蔵の結婚に「『おめでとう』とメールした」とコメントしていたが、その虚実ないまぜのハチャメチャさがいい。

 しかし、この「DRESS」は、米倉を“セレブ”という扱いで使っている。『マイ・フェア・レディ』『愛と青春の旅だち』『ワーキング・ガール』といった、ハリウッド映画にありがちな成り上がり女として使ってるんだろうな。彼女は本来はイケイケなのに、こういうアッパーなイメージによって女の共感を得ようというのは、あまりにステレオタイプ。そもそも世のセレブ志向の女は米倉を認めないし、似合わない。むしろセレブのウラ側にあるものが似合う。「こんなところで使いやがって」と関東連合も怒ってるぞ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』