>   >   > 【社会】山岸舞彩セクハラ疑惑の裏で囁かれる噂
ニュース
桜田淳子の復帰も間近か!? タブーをぶった斬る芸能マスコミ座談会!

サンミュージック会長と"迷走3人娘"の行方 山岸舞彩セクハラ問題の深層とは?

+お気に入りに追加

――芸能界の重鎮の死去に際して、松田聖子、桜田淳子、酒井法子という3人の“スター”の今後が注目された。さらに、美脚キャスターとして人気の山岸舞彩に対するセクハラ疑惑が報道されたが、当事者のYプロデューサーはハラスメントの常習犯ともされ、問題の根は深そうだ。そんな話題のニュースを、芸能マスコミの前線にいる男たち――A(スポーツ紙記者)、B(フリーの芸能ライター)、C(週刊誌デスク)―が語った。

1307_az_sakurada.jpg
桜田淳子著『アイスルジュンバン』(集英社)

A ここ1カ月の芸能界のビッグ・ニュースといえば、サンミュージックプロダクションの相澤秀禎会長の逝去だろう。

B あまり知られていないけど、芸能界の長老7人からなる「ななの会」というのがあって、相澤会長もメンバーだった。ホリプロの堀威夫最高顧問、芸映の青木伸樹会長、第一プロダクションの岸部清代表、田辺エージェンシーの田邊昭知社長、長良プロダクションの故・長良じゅん会長、小澤音楽事務所の故・小澤惇社長が、そのほかのメンバー。時々、食事会やゴルフコンペを開いては、さまざまな“調整”が行われ、芸能界の流れに大きな影響を及ぼしていたとされる。

A 「ななの会」のメンバーは、バーニングプロダクションの周防郁雄社長やケイダッシュの川村龍夫会長らより一世代上で、“芸能界の実力者”といわれる彼らも口出しできない存在だった。ただ、小澤社長、長良会長、そして相澤会長と、ここ3年間で3人が亡くなってしまった。周防社長はもう70歳を越えているけど、「ななの会」の影響力が衰退したことで、ますますその発言力は大きくなるだろう。

MEMOサンミュージック会長
相澤秀禎のこと。若い頃から男性歌手の発掘を手がけ、西郷輝彦などをデビューさせる。その後、1968年にサンミュージックを設立。森田健作をはじめ、桜田淳子、松田聖子、早見優、酒井法子、安達祐実といった女性タレントを次々と世に送り出した。04年に社長職を長男に譲った後も精力的に活動を続けてきたが、13年5月23日、すい臓がんのため、83歳で逝去。

C 相澤会長といえば、5月28日の通夜に参加した、元サンミュージック所属の3人の女性の今後が注目されている。約16年ぶりに報道陣の前に姿を現した桜田淳子は、その外見の変貌ぶりにみんな驚いていたけど、統一教会(世界基督教統一神霊協会)の信者であることは変わっていなかった。桜田は1992年に統一教会の合同結婚式に出席して、青年実業家と結婚したことで大騒動になったんだけど、相澤会長は彼女の名前が統一教会の「広告塔」として使われることを極端に嫌がっていた。

A 信仰の自由はあるけど、桜田淳子という名前は、相澤会長が大きくしたようなものだからね。それが宗教活動に使われることは我慢ならなかったのだろう。タレントには優しい相澤会長も桜田が統一教会からの脱会を拒み続けると、事実上、芸能界から追放した。その後、桜田の復帰話が度々出たが、相澤会長が出す復帰条件は「統一教会からの脱会」。ここ数年も復帰に向けて2人は何度も会っているけど、その点が折り合わず、見送られてきた。

C ただ、相澤会長が亡くなったことで、桜田が脱会をすることなく、復帰する可能性も出てきた。コンサートをすれば、往年のファンを確実に集客できるだけに、大手の興行会社がアプローチしているともいわれている。復帰は意外と早いかもしれない。

B 復帰といえば、酒井法子。相澤会長の弔問に訪れた際、報道陣に「相澤会長に最後に会われたのは?」と聞かれ、「3年前です」と答えて、芸能関係者を唖然とさせた。あれだけ酒井について心配していた相澤会長に、昨年執行猶予が明けて仕事復帰する時に、なんら挨拶をしてなかったんだからね。相澤会長は、酒井からの連絡を待っていた。「地上波や映画には出たくても、覚せい剤事件の影響でスポンサーがつきにくい。だからこそ、僕がなんとかしなきゃ」と心配していたんだけど、親の心子知らずで、酒井は今は別の勢力に囲われている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年11月号

ファッション(禁)コレクション2017

ファッション(禁)コレクション2017
    • 【タレントブランド】の内情と成否
    • 【Supreme×ヴィトン】コラボの裏側
    • 【ダニエル・ウェリントン】バカ売れの謎
    • 【裏原系】人脈のその後
    • 【遠山茜子】B-GIRLになる!
    • 【インスタグラマー】の熾烈な戦い
    • 【IT】が進むファッション業界の未来
    • インスタの太鼓持ち【女性ファッション誌】
    • 【デーブ・スペクター】が語るトランプのスーツ
    • 【メラニア夫人】への衣装提供拒否の裏側
    • 【ZOZO】の好きな所、嫌いな所
    • 【ファッション史】から見るゾゾ
    • 【送料自由化】を物流の専門家が分析
    • 【メルカリ】が勝った本当の理由
    • 【メルカリ出品者】が語る闇市の姿
    • 【ホットペッパービューティー】の罠
    • 【スポーツアパレル】がパリコレ占領中
    • 【ナイキ】の最先端戦略を覗き見!
    • 【高級機械式腕時計】はなぜ高い?
    • 【スマートウォッチ】台頭は吉か?凶か?

本誌特選!8人の(サ)な女たち

本誌特選!8人の(サ)な女たち
    • 歴代カバーガールグラビア傑作選

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着
    • 【山地まり】Fカップとレトロ

NEWS SOURCE

    • 【安室奈美恵】引退宣言で揺れる音楽業界
    • 【市川海老蔵】と松竹の懐事情
    • 【ジュリーさん】がアベマ企画に大激怒

インタビュー

    • 【吉田まどか】福岡女のシンデレラストーリー
    • 【CASCADE】元祖おしゃれ系バンドの今
    • 【CHAI】女たちが追い求めるかわいい

連載

    • 【今野杏南】これで最後なんです。
    • 【佐藤江梨子】政治性が響くモンパチの歌
    • 【長澤茉里奈】合法ロリ生春巻き
    • 【斉藤由貴】スローな由貴でいてくれ
    • 【インターネット】への誤解がもたらす日本の危機
    • 【特別編】九州に格闘技界旋風起こす男
    • 【元・モー娘。】歌よりも正直なトーク
    • 【三波春夫】が2017年に蘇る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【フレンチ・モンタナ】モロッコ系最強ラッパー
    • 【電通過労死事件】から考える労災
    • 【治療共同体】で精神病院を開放せよ!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『バリー・シール』
    • 世界一災害に弱い【東京】備えなき首都大災害
    • 小原真史の「写真時評」
    • 赤い屍と緑のタヌキ
    • ジャングルポケット/フェラペチーノで自分好みのプレイを!
    • 【最高の離婚】夫婦の溝を埋める最良のテキストドラマ
    • ボディペインティングが導く愉楽
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、政治と信仰と破綻の円環構造。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』