>   >   > 【premium限定】フジ「ガリレオ」柴崎コウ降板の理由とは?

garieo_1306.jpg
「ガリレオ」公式ホームページより。

 5月27日放送の第7話と第5話以外は視聴率20%超えと好調なフジテレビの月9ドラマ「ガリレオ」だが、ドラマの前シリーズや大ヒットした映画版「容疑者Xの献身」で福山雅治演じる「ガリレオ」こと天才物理学者・湯川学の“相棒”として数々の難事件を解決した柴咲コウ演じる新人女性刑事・内海薫を主人公にしたスピンオフドラマ「ガリレオxX(ダブルエックス) 内海薫最後の事件 愚弄(もてあそ)ぶ」が6月22日に放送されることが28日付けのスポーツ紙などで報じられた。

 今年4月からスタートした今シリーズで内海は第1話に登場。吉高演じる自身の後任となる新人刑事の岸谷美砂を湯川に紹介した後、研修のため渡米してしまったが、今回のドラマは完全オリジナルの新作。内海が渡米米に逮捕した容疑者の誤認逮捕を疑われ、再捜査を開始して事件の解決に挑むストーリーだという。

「福山、吉高のほか、北村一輝、お笑いコンビ・品川庄司の品川祐ら『ガリレオ』ファンにはおなじみのキャストが勢揃いするようだが、キャスティングを主導したのは柴咲が所属するスターダストプロモーション。柴咲とともに事件の解決に挑む長野県警の刑事役として、ちゃっかり同じ事務所の後輩で最近はあまりめぼしい仕事がない柳楽優弥をキャスティングしている。それでも、『ガリレオ』ファンの間では吉高よりも柴咲のほうが支持率が高く、フジには柴咲の再登場を熱望する声が多く寄せられてたため、今回のスピンオフドラマが放送されることになった」(テレビ関係者)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」