>   > 男性スキャンダルと共にのし上がった【藤原紀香】
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

新恋人報道もまったく盛り上がらず…女優業が開店休業中の藤原紀香

+お気に入りに追加
1305_norika_pn.jpg
藤原紀香の『N.Perfect body』(講談社)

 4月19日付けの「サンケイスポーツ」がスクープしたのが女優・藤原紀香の新恋人の存在。同紙によると、お相手は外資系テレビ制作会社に勤務する年下の30代イケメンディレクターで、昨年秋に仕事を通じて知り合い、今年に入って本格交際に発展したというがその後、まったく後追い報道がなかった。

「紀香といえば、芸能界のドンこと周防郁雄社長が率いるバーニングプロダクションの系列プロ所属だが、スキャンダルなどの対応をしているのはバーニングプロの広報担当・K氏。スポーツ紙各社のB担と呼ばれるバーニング担当記者がK氏に事実関係を確認したところ、『サンスポの勇み足』と後追い報道の自粛を求めたという。しかし、K氏はサンスポに出ることを把握済み。要は最近話題のない紀香のプロモーションのために“飛ばし記事”にOKを出したようだ」(ワイドショー関係者)

 とはいえ、その後、まったく紀香の存在がクローズアップされることはなく、公式サイトのスケジュールを見ても今月末に千葉・銚子市でチャリティー写真展と講演会を行うぐらいで、民放キー局でのドラマやバラエティー出演のスケジュールは見当たらず。本業であるはずの女優業がすっかり“開店休業”の状態になってしまったというのだ。

「今年1月から2月にWOWOWで放送された主演ドラマ『男と女の熱帯夜』では共演の渡部篤郎と大胆な濡れ場を披露したが、話題になったのは放送前だけで、いざ放送されるとまったく話題にならなくなってしまった。それでも、CMは安定してオファーがあるので、稼げることは稼げるが、現在出演しているCMは白髪染めや栄養バランスの取れた宅配弁当のデリバリーサービスのCMなど、以前ならばオファーを受けなかったようなCMでも、とにかく稼ぎになるならオファーを受けるようになってしまった。陣内智則との結婚・離婚など男性スキャンダルとともに芸能生活を歩んできた紀香だけに、長期間にわたって芸能ニュースで報じられるような新恋人の存在は再浮上のためには不可欠」(広告代理店関係者)

 果たして、今度はどんな男性が紀香の新恋人として浮上するのだろうか。


人気記事ランキング
  1. 1やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  2. 2結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?2017.5.24
  3. 3あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  4. 4恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界2017.5.23
  5. 5佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
  6. 6日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  7. 7お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  8. 8【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  9. 9成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術2017.5.23
  10. 10【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”2017.5.24
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載