>   >   > 【町山智浩】エイズが「死の病」でなくなるまでの知られざる戦い
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第67回

エイズが「死の病」でなくなるまでの知られざる戦い

+お気に入りに追加

雲に隠れた岩山のように、正面からでは見えてこない。でも映画のスクリーンを通してズイズイッと見えてくる、超大国の真の姿をお届け。

『いかにして疫病を生き延びるか(原題:How To Survive A Plague)』

1305_machiyama_01.jpg

アメリカでのエイズ拡大初期の1980年代からエイズ患者の権利拡大を推進している団体である「ACT UP」や「TAG」の活動を追ったドキュメンタリー。13年アカデミー賞ドキュメンタリー長編部門ノミネート作品。

監督/デイビッド・フランス 出演/ピーター・ステイリー、ボブ・ラフスキーほか 日本での公開は未定。


「もう死ぬんだと思った」

 1985年、ウォール街で債券のトレーダーをしていたピーター・ステイリー(当時24歳)は、HIVポジティブと診断された。ゲイであることは秘密にしていたので、誰にも相談できなかった。AIDS(エイズ/後天性免疫不全症候群)は81年にアメリカ国内で患者が発生して以降、死者は年々増え続けた。

「当時はなんの薬もなかった。死を待つだけだった」

 87年3月24日、ステイリーがいつものようにウォール街に出勤すると、結成されたばかりのACT UPという団体がピケを張り、「エイズの治療薬開発に政府の資金を」と訴え、警官隊に逮捕されていた。

 当時のアメリカ大統領だったロナルド・レーガンはエイズ発生以来、何も対策を講じていなかった。それどころか公の場ではエイズについて決して言及せず、そんな病気は存在しないかのように振る舞っていた。85年、レーガンの俳優時代からの友人ロック・ハドソンがエイズで亡くなったが、大統領は動かなかった。

 ならば無理にでも政府を動かすしかない。ステイリーはACT UPの活動に身を投じた。

 13年アカデミー賞の最優秀長編ドキュメンタリー候補になった『いかにして疫病を生き延びるか(原題:How To Survive A Plague)』は、エイズと闘った運動家たちの記録だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年7月号

コーネリアスが語る沈黙の11年

コーネリアスが語る沈黙の11年
    • 【小山田圭吾】が語る音楽と息子

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 一ノ瀬りと「私の全部」

インタビュー

連載