>   > 【芸能】オセロ中島"洗脳騒動"と松嶋&松竹芸能との闇
ニュース
幻冬舎社長が中島復帰に暗躍!?

オセロ中島 洗脳騒動占い師よりも厄介だった松嶋&松竹芸能との闇

+お気に入りに追加

2年ぶりのテレビで騒動はさらに拡大

2年近く、テレビに出演することがなかったオセロの中島知子が、3月末に、突如ワイドショーのインタビューに答えた。しかし、所属事務所に無断で出演したことや、その発言内容をめぐり、さまざまな反発や臆測を生むことになり、本格復帰は暗礁に乗り上げている――。

1305_News_03.jpg
『ワイド!スクランブル』(右画面)に出演するも、同番組の視聴率は低調だった。騒いでいるのはメディアだけで、世間の関心は実は薄い!?

 3月末に突然、テレビ朝日系の情報番組『ワイド!スクランブル』【1】に出演し、自ら“洗脳騒動”を振り返り、芸能界復帰に向けての強い意志を語ったオセロの中島知子。しかし、このインタビューは、騒動の波紋をより拡大させ、結果的には所属事務所だった松竹芸能との契約解除を招く結果になった。

「そもそもインタビューでも、中島は、自分は女性占い師には洗脳されていないという主張と同時に、相方である松嶋尚美と松竹芸能へ批判的なコメントを繰り返していた。特に松嶋への恨み節とも取れる発言があまりに多すぎるので、番組側でカットしたそうです」(週刊誌記者)

 中島が松嶋批判を繰り返す背景には、2007年に松嶋が松竹芸能から独立したことがあるとされる。さらに洗脳騒動の原因も、この独立劇に根ざしているといえそうだ。芸能ジャーナリストが語る。

「中島はナイーブで、男女問わず、一度人を好きになると、徹底的に相手を求めてしまう。オセロが順調に活動している時、中島の松嶋に対する思いは、まるで恋人に対するもののようだった。しかし、彼女が独立して、結婚までしてしまったことで、大きな喪失感を抱き、芸能活動へのモチベーションも一気に落ちてしまったんです」

 また、こんな話もある。

「松竹芸能の東京支社長でありながら、松嶋と一緒に独立したM氏は、現在、彼女の事務所の代表を務めています。松嶋は『独立の際、中島を誘った』と語っていますが、M氏は、そもそも中島を連れて行く気はなかった。いわば、松竹芸能や自分を裏切った形で出て行ったはずのそんなM氏と、松竹芸能は今も業務提携をしている。そうした対応と、仕事の多忙ぶりが、中島の松竹芸能に対する不信感を増幅させていったんです」(同)

MEMO『オセロ中島』
「オセロ」の中島知子のこと。1971年生まれ。93年にオセロを結成し、活躍。2011年4月から体調不良を理由に長期休養に入ったが、その後“洗脳騒動”が起こる。

 相方や所属事務所に裏切られた……そんな思いから、芸能活動に対するモチベーションが低下した中島。そんな彼女の心の穴を埋めるように関係を深めていったのが、今回の騒動の一方の主役である占い師だ。

 中島は先のインタビューで、自分が占い師に洗脳された被害者ではなく、むしろ占い師のほうが騒動に巻き込まれた被害者であることを熱弁した。そのため、「彼女はまだ、占い師がかけたマインドコントロール下にある」との指摘まで出てきた。

 しかし、この中島の認識については、昨年3月、家賃を滞納していた渋谷のマンションを中島が退去して以降、彼女の社会復帰コーチングを担当してきた認知科学者である苫米地英人氏も、お墨付きを与えている。

「中島さんは、洗脳やマインドコントロールにはかかっていません。定義にもよりますが、中島さんの場合は、占い好きな女性が、占い師のアドバイスを信じたり、日本人の多くが初詣で神社にお賽銭を投げたりするのと同じようなレベルのもの。私が”脱洗脳”を手がける洗脳のレベルというのは、第三者が自己の利益のために、反社会的な行動へ誘導するようなものを言います。中島さんはあくまで、占い師の女性のことが好きで共同生活をしていた。相談相手として、占い師の言葉が中島さんの行動に影響を与えていたことはあるでしょうが、決断していたのは中島さん自身です。ただしこの1年間、占い師と離れて私のコーチングを受ける中で自分自身の直近のゴールが、芸能界復帰であることを明確化できた。現在の彼女にとって大事なのは、復帰への環境を周囲が整えてあげることです」(苫米地氏)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本
    • 【ジャンプ】部数暴落へ
    • 【マンガアプリ】成功の秘訣
    • 【ウェブ発エッセイマンガ】乱れ咲き
    • 【エッセイマンガ】あるある
    • 【こじらせ女子マンガ】の功罪
    • 人気マンガ【AKIRA】の寿命
    • マンガの常識を超えた【大友発明】
    • 日常を語る【戦争マンガ】の現在
    • 【手塚治虫】の戦争マンガ
    • 【しりあがり寿】4コマ描写の禁忌
    • 【接吻】で読む最新少女マンガ
    • 読むべき【キスマンガ】6選
    • 【ティーンズラブ】が熱い理由
    • 広告バナーでよく見る【TL】の中身
    • 時代は射精より【ウ♡チ】?
    • 【封印マンガ】はなぜ生まれたのか
    • 【筋肉マンガ】を科学検証!
    • 【刃牙】筋肉名場面
    • 経済評論家が読む【闇金マンガ】
    • 【日本マンガ翻訳】の限界
    • 変化する【フランス】マンガ市場
    • 【フランス】翻訳出版社6大勢力
    • 【マンガ雑誌】の危機的状況

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」