>   >   > 【町山智浩】軍隊内で広がるレイプの実態
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第66回

軍隊内で広がるレイプ 黙殺され続けたその実態

+お気に入りに追加

雲に隠れた岩山のように、正面からでは見えてこない。でも映画のスクリーンを通してズイズイッと見えてくる、超大国の真の姿をお届け。

『The Invisible War 見えない戦争』

1304_machiyama_01.jpg

アメリカの軍隊に蔓延している性的暴行の実態に迫ったドキュメンタリー。レイプ被害に遭った元米軍の女性らを中心に、男性被害者や識者たちのインタビューと報道映像を交えて構成されている。2012年サンダンス映画祭で観客賞を授賞。13年のアカデミー賞ノミネート作。

監督/カービー・ディック 出演/コリー・チオカ、アリアーナ・クレイほか 日本での公開は未定。


 2005年、ミシガン州ベイシティの沿岸警備隊基地。アメリカの沿岸警備隊は、陸軍、海軍、空軍、海兵隊に次ぐ5番目の軍隊と呼ばれ、海外出兵もある。入隊して間もない19歳の女性隊員コリー・チオカは、夜中の3時に上官の部屋に呼び出された。上官はチオカをベッドに誘った。チオカが拒否すると上官は彼女の顔を殴打し、無理やりレイプした。

 13年のアカデミー長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた『The Invisible War 見えない戦争』は、アメリカ軍内に密かに広がるレイプの実態を暴く。

 10年、一年間に米軍内で報告された性的暴行の数は3198件。報告されなかった数は推定1万9000件といわれる。調査によると、報告しなかった理由の33%は「犯人が同じ部隊の同僚だから」。25%が「報告すべき上司自身が犯人だから」。

 事件のほとんどは宿舎で起こる。アリアーナ・クレイはイラクでも戦った優秀な海兵隊員で、首都ワシントンの兵舎に赴任した。大統領就任式などの国家的式典でマー チをするエリート隊員が集まる場所だ。栄誉に胸を膨らませたクレイは、赴任早々、上官から「女性がここにいることは、セックスの対象になることだ」と警告される。それはすぐに現実になる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』