>   >   > 【premium限定】堤真一結婚の陰にアノ有名女優あり!?
1303_az_14.jpg
DVD『孤高のメス』

 1日付けの「スポーツニッポン」で一般女性との結婚を報じられた俳優の堤真一が同日、公式サイトで「私、堤真一は、3月1日に結婚、入籍いたしました」と報告し、「相手は、現在32歳になる一般女性で、4年ほど前に知り合い、時間をかけ、お互いの機が熟すのを待った上での入籍となりました」と経緯を説明。「本人もその家族も一般の方々ですので、名前や顔写真等の詳細は控えさせていただきたく存じます」とし、今後、会見は行わないことを伝えたが、これまで数々の女優と浮き名を流し、芸能界でもトップクラスのモテ男ぶりだった。

「結婚直前と言われた女優の鈴木京香と交際していたのをはじめ、深津絵里、小雪、鶴水ルイとの熱愛が報じられ、昨年も蒼井優との密会していたことが報じられ、綾瀬はるかとも接近しているといううわさだった。妻となった女性はかつて交際していた深津と北川景子を足したような、と報じられていたが、そんなことはなく細身で地味な印象の女性で、堤の仕事を縁の下で支えそうな感じのようだ」(女性誌記者)

 結局、16歳年下の一般女性と結婚した堤だが、意外なことに女優との結婚はまったく考えていなかったというのだ。

「京香との交際時、四六時中マスコミに追いかけられ、あることないこと散々書き立てられたため、浮き名を流した女優たちとはいわゆる友達以上恋人未満の関係にとどまっていたようだ。それどころか、周辺のスタッフに『飲み会あったら呼んで』、『独身のいい娘いないの』と合コンのセッティングや女性の紹介をお願いするなど、本気モードで“婚活”に励んでいた」(演劇関係者)

 しかし、長年、京香のことが吹っ切れていなかったようだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2016年7月号

アートビジネスと"金"のキケンな関係

アートビジネスと
    • 【美術】がカネを生む本当の理由
    • 【モネ】の贋作で相続税逃れができる!?