>   >   > 日本とそっくり! 【韓国版トクホ】の危険性と日本への影響

──ところで、昨今の韓流ブームにより、高麗人参や紅酢など、韓国の健康食品にも注目が集まっている。そして実は、その中に、日本の「トクホ」に位置づけられる商品も存在しているようで……。

1303_tokuho_13.jpg
「健康機能食品副作用申告センター」の掲示板で、実際に問題視されていた「ポリョンメディカル」のHP。(写真上) 現在、日本でもトクホに認定されている日清オイリオ「ヘルシーリセッタ」は韓国の健康機能食品にも09年より認定されている。(写真右)

「Well-Being」という言葉がある。

 2002年から韓国国内で使われるようになった流行語だ。もともと欧米で使われていた用語で、「幸福」とか「福祉」を指す。ただ、韓国では多忙な日々から健康な体と心を取り戻す、健康志向のライフスタイルとして浸透していった。

 当時、韓国では有機野菜など”健康な食文化”に対する需要が高まったが、同年8月に、韓国食品業界を取り巻くあるニュースが報じられた。「健康機能食品に関する法律」の制定。この「健康機能食品」は、日本でいうトクホの商品に近い(栄養機能食品と特定機能食品を合わせた定義)。カプセルや錠剤、一般的な食品のようなものまで、その形は多彩だ。

 年々、市場も拡大しており、全体としては肥満や生活習慣病対策関連の商品が売れ筋。日本と事情は近い。ただ、高麗人参から抽出される紅参を使用した商品が圧倒的に多く、市場全体の50%以上を占めているというのは特徴的だ。紅参は、糖尿病や高血圧予防、抗がん作用などの効果があり、”万能食品”として認知されている。

 一方、日本でいう個別許可型の「健康機能食品」も全体の約10%流通している。個別許可型の中で近年売り上げを急激に伸ばしているのは、肝機能関連商品。世界トップクラスの飲酒量を誇る、韓国ならではのお国事情がうかがえる。また、免疫機能関連や皮膚関連商品も売れ行きが好調だ。一部メディアによると、日本で放射能が流出したことにより、環境汚染への懸念が高まったからだという分析もある。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」