サイゾーpremium  > 特集  > 宗教  > 豊かな乳房!【宗教画】に沸き立つエロス
第1特集
聖人たちの絵はなぜエロい?【2】

豊かな乳房に女性チックなキリスト!? 宗教画の中から沸き立つエロス

+お気に入りに追加

――アダムとエヴァの物語によって本来タブー視されているはずの、キリスト教における裸、性。それがなにゆえ、西欧美術においてどんどん制作されていくのか? そこには、人間の壮大な“言い訳”の歴史があった……!?

1301_geijyutsu1.jpg

■ルーカス・クラーナハ(父)
【1】『アダムとエヴァ』
(1526年代、コートールド美術研究所、ロンドン)
アダム「父さんは食べちゃいけないって言ってたけど、いいのかなあ」(と頭ポリポリ)。エヴァ「何言ってんのよ。美味しそうじゃないの。いいからいいから」。なんてやり取りが聞こえてきそうである。2人の股間は植物や木の葉で隠されているが、どことなく不自然で無理矢理感は否めない。エヴァの誘惑的な眼差しと豊かな金髪が眼を引く。

1301_geijyutsu2.jpg

■fレンブラント・ファン・レイン
【2】『バテシバ』
(1654年、ルーヴル美術館、パリ)
現代人の美意識からすると脂肪過多のようにも思えるが、熟女好みと呼ぶべきか、この時代のオランダではこのようなふくよかな女体が好まれたようだ。彼女の手にあるのはダヴィデからの手紙だろうか。もの憂気な表情に王から想いを寄せられる彼女の心の葛藤がうかがえる。闇に浮かび上がる裸身が眼にしみる。

■ティントレット
【3】『スザンナの水浴』
(1555~56年、ウィーン美術史美術館)
画面の片隅と奥で息をひそめるようにしてスザンナを盗み見る2人の老人。スザンナは老人たちの存在に気付かず無心に鏡を見つめている。覗き見という主題はあくまでも裸婦を描く口実だ。脱ぎ捨てた豪華な衣服や髪飾り、アクセサリー、庭の木々や花々の緻密な描写が彼女の裸体の美しさを引き立てている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学
    • 【美人コンテンツ】炎上考現学
    • 複雑化する【ミスコン】批判の論点
    • 【ミス・ユニバース】の問題点
    • 【世界で最も美しい顔】の胡散臭さ
    • 【柳美稀】が魅せた美グラビア
    • 進化する【美ジネス】の最前線
    • 【整形大国・韓国】の顔採用事情
    • 【ブス作品】とルッキズムの関係
    • 傑作【ブス主人公】作品レビュー
    • 【スダンナユズユリー】がネオ・レディースに!
    • 【ディスニー・プリンセス】変遷の記録
    • 【キリスト教】の女性受容史
    • 【日本酒と美人】の意外な歴史
    • 知っておくべき【5大美人酒】
    • 【地域別美人言説】の謎を追う!
    • 【ジブリヒロイン】芸能界ドラフト会議

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

NEWS SOURCE

    • 自民党と【創価学会】の不協和音
    • 【沢田研二】だけじゃない空席問題
    • 脆弱な日本の【サイバーセキュリティ】

インタビュー

    • 【是永瞳】大分から来た高身長ガール
    • 【六道寺】特攻服のママさんシンガー
    • 【ちぃたん☆】絶賛炎上中のゆるキャラ

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』