>   >   > 【町山智浩】パイロットはアル中!?“奇跡の英雄”の真実
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第63回

未来を見据えた選択のため権謀術数も辞さない指導者

+お気に入りに追加

雲に隠れた岩山のように、正面からでは見えてこない。でも映画のスクリーンを通してズイズイッと見えてくる、超大国の真の姿をお届け。

『リンカーン』

1301_machiyama.jpg

「奴隷解放宣言」で知られるアメリカ16代目大統領のエイブラハム・リンカーンの、大統領としての最後の数カ月を描いた作品。リンカーンは奴隷法を定めた合衆国憲法13条を改正するため、あらゆる手段を講じていく。

監督/スティーヴン・スピルバーグ 脚本/トニー・クシュナー 出演/ダニエル・デイ=ルイス、サリー・フィールドほか 日本では2013年4月より全国ロードショー予定。


 スティーヴン・スピルバーグがエイブラハム・リンカーンの映画を作ろうとしている」と報じられたのは2000年頃だった。偉大な大統領の生涯と南北戦争を描く超大作になる、と言われていたが、12年越しに完成した『リンカーン』は、そういう大作ではなかった。

 ゲティスバーグの演説も奴隷解放宣言も、『リンカーン』には登場しない。この映画で描かれるのは1865年1月の下院議会だけだ。

 そこで論議されたのは、合衆国憲法第13条だった。「奴隷制もしくは自発的でない隷属は、アメリカ合衆国内およびその法が及ぶいかなる場所でも存在してはならない」。これは1862年9月の奴隷解放宣言の法制化であり、その後一切の奴隷制度を禁止するために必要だった。『リンカーン』は、この憲法改正のためのリンカーンの知られざる「裏工作」だけを描いた映画なのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年8月号

大人のための「エロ」読本

大人のための「エロ」読本

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

インタビュー

連載

    • 【RaMu】母を沖縄に連れて行きたいんです。
    • ハワイのボンダンスとフクシマオンドの故郷(後編)
    • 話題のユニット【PKCZ】独占インタビュー
    • 【岡田結実】RADWIMPSの歌詞に心打たれる
    • 不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • 【渡辺麻友】は、AKBを卒業しまゆゆー!
    • 【日本人エンジニア】の未来と弱点
    • 高須基仁の「全摘」
    • 門外不出のトークショー【名倉潤】のテレビへの愛
    • 【喧嘩祭り】が根絶されない理由
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【TLC】史上最強の女性グループ15年ぶりの最終作
    • 【金塊強盗多発】に見る「警備会社」の歴史
    • 精神錯乱を【マラリヤ感染】で治癒せよ
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 【水道民営化】の目的は老朽化対策か海外事業参入か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/上からマユコ
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【ハッピー・マニア】が変えた日本人女性の結婚観
    • SNSでやりとりされるエロ写真や動画の真実
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』