>   >   > 【華原朋美と小室哲哉】が早速共演?
ニュース
[サイゾーpremium限定ニュース]

仕事復帰で早くも共演実現!? 小室哲哉にとってかなりおいしい華原朋美の電撃復帰

+お気に入りに追加
1212_kahara_pnews.jpg
華原朋美『Super Best Singles~10th Anniversary』

 トラブル続きで2007年に所属事務所から契約解除され芸能活動を休止していた歌手・華原朋美が契約を解除された芸能プロ「プロダクション尾木」と再契約し、5年ぶりに復帰することを24日付けの各スポーツ紙が報じた。

 各紙によると、華原は休養中から同社の尾木徹社長に何度か手紙を送り、今年9月からは直接、話し合いを重ね、11月に入ってからにはプロフィール用の写真を撮影するなど復帰に向けて着々と準備を進めていた。尾木社長は、華原が自身の父が暮らすフィリピンに渡り、貧困層の支援などのボランティア活動に従事したことなどを評価。また、過去には、男性関係でのトラブルを起こしてきたが、芸能活動に専念することも復帰の条件として確認し、12月1日付けで再契約する。華原は、「私には歌うことしか出来ません。今までお世話になった全ての方々に恩返しのつもりで精一杯頑張るつもりです」とコメントを寄せ、12月5日にフジテレビ系で生放送される『FNS歌謡祭」への生出演が復帰後の初仕事となる。

「同番組も華原の復帰を目玉にしたいようで、番組の公式サイトでは出演者のトップに名前が掲載されている。福祉事業を手がける華原の兄がたびたびブログに華原の近況を掲載していたが、一時期は家族が個人事務所を設立して復帰させようとしていたようだ。ところが、それが厳しいとわかり、古巣への復帰に向けて尾木社長に手紙を書き始めた。尾木社長はコワモテの社長が多いなか、慶應大社交ダンス部出身という異色の経歴で話し方もソフト。現在は、業界団体『日本音楽事業者協会』の会長を務める有力者。尾木プロに復帰していなければ、いきなりのテレビ出演は決まらなかっただろう」(音楽関係者)

 同番組はかつて華原のプロデューサー・恋人として公私共にタッグを組み、日本の音楽チャートを席巻した小室哲哉も出演予定。小室は、25日に出席した会見で報道陣から華原の復帰について聞かれると、「頑張ってください」とメッセージを送り、「(華原の)新曲を手がけることは?」と聞かれると「それはわかりません」と答えたが、同番組でいきなり共演しそのままタッグを組む可能性が高いというのだ。


サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本
    • 【ジャンプ】部数暴落へ
    • 【マンガアプリ】成功の秘訣
    • 【ウェブ発エッセイマンガ】乱れ咲き
    • 【エッセイマンガ】あるある
    • 【こじらせ女子マンガ】の功罪
    • 人気マンガ【AKIRA】の寿命
    • マンガの常識を超えた【大友発明】
    • 日常を語る【戦争マンガ】の現在
    • 【手塚治虫】の戦争マンガ
    • 【しりあがり寿】4コマ描写の禁忌
    • 【接吻】で読む最新少女マンガ
    • 読むべき【キスマンガ】6選
    • 【ティーンズラブ】が熱い理由
    • 広告バナーでよく見る【TL】の中身
    • 時代は射精より【ウ♡チ】?
    • 【封印マンガ】はなぜ生まれたのか
    • 【筋肉マンガ】を科学検証!
    • 【刃牙】筋肉名場面
    • 経済評論家が読む【闇金マンガ】
    • 【日本マンガ翻訳】の限界
    • 変化する【フランス】マンガ市場
    • 【フランス】翻訳出版社6大勢力
    • 【マンガ雑誌】の危機的状況

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」