>   >   > 【国策マンガ】とナショナリズム
第1特集
国粋マンガだけじゃない! 戦時下のマンガ史【1】

のらくろが支那人の首を斬りまくる!? 戦時下のマンガとナショナリズム

+お気に入りに追加

――日本のマンガは、戦後に萌芽した文化ではない。それは、戦時中も描かれていたのだ。では、厳しい規制があったと想像されるあの時代の表現は、やはり国粋主義的なものだったのだろうか? だとすれば、当時の作品は、この国のマンガ史において黒歴史でしかないのか?

1211_norakuro.jpg
「少年倶楽部」第22巻1号付録(講談社/1935年)に掲載された田河水泡『のらくろ軍事探偵』。『のらくろ』は戦時下の大ヒット・シリーズ。

「決死隊の出発だ」「命をすてに行くのだ/勇ましく敵陣へ肉迫しろ」

 これは、野良犬が犬の軍隊に入って活躍する、田河水泡による戦時下の大ヒット・マンガ『のらくろ』シリーズ【1】のひとつ、『のらくろ上等兵』の一場面。しかし戦時下(1931年の満州事変~45年の太平洋戦争終結)、この場面のような国威発揚・軍国主義的なマンガしかなかったわけではない。

 この頃のマンガは小学生などが読む「子どもマンガ」と20代の大人が読む「大人マンガ」に分けられるが、中心となったのは前者だ。特に講談社から刊行された少年誌「少年倶楽部」では『のらくろ』や、南洋の未開の地での活劇を描いた島田啓三の『冒険ダン吉』【2】、中島菊夫の時代劇『日の丸旗之助』などが連載され、子どもマンガを牽引。だがマンガ評論家の梶井純氏は、「読者数は現在のマンガ誌に比べてはるかに少ない」と語る。

「『少年倶楽部』読者は都会ですら1クラス50人中10人もいないのが普通で、子どもたちは学校でひそかに回し読んでいた。一般家庭にお金がなかったこともありますが、ほとんどの家庭で『マンガなんて読まずに本を読みなさい』と言われていたほど、マンガは社会的に読み物以下の低俗な存在。だから国家はマンガを当初は問題視せず、規制しなかった」(同)

 この頃の人気作には、サイボーグが主人公の阪本牙城『タンク・タンクロー』【4】や、宍戸左行の空想科学的ストーリー『スピード太郎』があるが、同氏は「特に男の子は戦争ごっこをして遊んでいたので、マンガもごっこ的に好戦的なものがおもしろがられたにすぎない」という。明治大学准教授でマンガ史を専攻する宮本大人氏は、表紙が赤系統の色の「赤本マンガ」と総称されるマンガ単行本群も「戦争マンガや時代劇マンガが非常に多かった」と語る。加えて「“チャンコロ”(中国人を指す蔑称)という言葉を使い、支那人の首がじゃんじゃん飛んでいた。ただそれは、国が奨励したものではなく、草の根的で野放図なナショナリズム」と指摘する。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

映画のミカタ

映画のミカタ
    • 【ハリウッド】の性接待(禁)事情
    • 男女問わず性生活を楽しんだ【ドロシー】
    • 仕事のついでにHした【マリリン・モンロー】
    • マーベル無許可の【スパイダーマン】
    • 女でも容赦なしの【イタリアンスパイダーマン】
    • 映画における【ゾンビ】進化論
    • 映画の【ゾンビ】はこうして進化した!
    • 【ラテンアメリカ】の闘う革命映画
    • 【キューバ】とハリウッドの関係
    • 【間宮夕貴】ロマンポルノに魅せる!
    • 斜陽産業【ピンク映画】最前線
    • 【ピンク映画女優】緊急座談会
    • 2017年【日本映画】裏事情
    • 【ジャニーズ】ゴリ押しで邦画が危機!?
    • 【人種差別描写】の変遷
    • 【LGBT描写】を可にした『ムーンライト』
    • タブーなき【差別映画】闘論史
    • 常識を覆した【ディズニー】
    • 日本公開不能な【反日映画】
    • 【軍艦島】の国内批判
    • 【スパイ映画】の敵役と国際情勢

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • 【彩川ひなの】ハレンチボディを毛布で包む

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ
    • 【真木しおり】爆乳JKのお戯れ

NEWS SOURCE

    • 【安倍首相】側近が仕掛けた衆院選戦略
    • 【キムタク】が東野圭吾の原作にダメ出し!?
    • 【紗栄子】の芸能界処世術

インタビュー

    • 【井本彩花】美少女コングランプリは未来の大物!
    • 【原田眞人】『フルメタル・ジャケット』から学ぶ映画論
    • 【峯モトタカオ】次世代打楽器ハンドパン

連載

    • 【橋本マナミ】いつかさらわれたいんです。
    • プレ東京五輪で優勝した期待の自転車選手
    • 【小島瑠璃子】好きになってもいいですか?
    • 高度に発達した【広告技術】の真実
    • 里美ゆりあ、さかもと未明、小池百合子の共通点は?
    • 【BOSS THE MC】20年間〈トーク〉をやめなかった男
    • 【アニソン音頭】が列島を制覇する
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【クライヴ・デイヴィス】黄金の耳を持つ名物社長
    • 【山尾志桜里】当選に見る政治史
    • 脳を破壊する【ロボトミー】ノーベル賞の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『女神の見えざる手』
    • 国民はなぜ「現状維持」を選んだ――【衆議院選】の総括
    • 小原真史の「写真時評」
    • サザエのアンチエイジング
    • ジャングルポケット/毎分1万5000回転!ハードすぎるローターがスゴイ!
    • 【半沢直樹】夫婦間呼称問題、セレブ妻が見せた女性側の内紛
    • エロいラップをする女性ヒップホップグループ
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化の墓泥棒が集う映画館で。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』