>   >   > 完全に堕ちた【浜崎あゆみ】
1212_hamasaki_news.jpg
『LOVE』

 歌手の浜崎あゆみが14日夜に、ツアーでバックダンサーを務めているマロこと内山麿我との交際を発表した。一昔前ならば芸能マスコミをにぎわす大きなニュースとなったはずだが、この日に大女優・森光子さんが死去という大きな話題が重なったこともあり、完全にスルー扱いされてしまった。改めてあゆの人気凋落を裏付けるだけの結末となってしまった。

 15日発売の「女性セブン」の報道を受け、浜崎とマロは前日夜に揃ってブログをアップ。「マロちゃんとは真剣にお付き合いをしています」(浜崎)、「こんな私ではありますが、今後とも真剣にお付き合いをさせて頂きたいと思っております」(マロ)と真剣交際をアピールした。しかもマロは現在離婚裁判の真っ只中であり、不倫という大きなトピックもあるのだが、残念ながら反響はほとんどないという状況だ。

 某在京キー局関係者は「森光子さんが亡くなった日に交際宣言とか言われても…うちの局は完全に無視しました。会議でも浜崎のことなど話題にすらなりませんでした。よそも似たようなもので、ほとんど相手にしなかったんじゃないですか。何もニュースがない日ならば扱ったでしょうが」と証言する。

 そもそも森さんが死去した日にわざわざ交際宣言をぶつける意味はないと思うのだが、「完全に浜崎の暴走です。周りはそんなことは承知しており、当初は発表するつもりなどなかった。だけど浜崎が発表すると言ってきかなかったそうです。現在の浜崎は、もはやどのスタッフもストップを掛けられない状況となっている」

 周囲の見立て通り、まったく話題作りにすらならなかった浜崎の交際宣言。それに追い討ちをかけるように、浜崎には厳しいデータが出ている。来年デビュー15周年ということで、今月から5カ月連続で新作をリリースすることになったのだが、「第1弾のミニアルバム『LOVE』は、売り上げ6万枚ほどで、オリコンウィークリーランキングで初登場4位。2枚のベストアルバムをリリースし、1位と2位を独占したJUJUに惨敗です。あと4作の売り上げも厳しいものになるでしょう」と音楽関係者は語る。

 さらに、歌姫・浜崎らしくないタイアップにより、ファンが困惑する事態も起きている。来月発売の第2弾アルバム「again」に収録されている曲が、健康サプリメント「皇潤スポーツ」(エバーライフ)のCM曲となったのだ。前出関係者は「皇潤といえば、どうしてもお年寄りのイメージがあります。八千草薫とか三国連太郎とかがCMに出演していましたし。今までの若者に大人気! という浜崎のイメージとはかけ離れており、ファンもどう対処していいか、分からないようです」

 話題作りをしても誰にも相手にされず、CDを出しても昔ほど売れない…浜崎にとってはさぞかし寒い厳冬となるだろう。

■「サイゾーpremium」には、「あゆファイト!」な浜崎あゆみさん関連の情報がたくさん!
中森明菜、浜崎あゆみ、そして蒼井優......ジャニタレとデキちゃった女たち【1】
浜崎あゆみの"新ビジネス"と 暗躍するカリスマ女社長の手腕
大ケガから奇跡の復帰!?紅白で熱唱のあゆのナゾ


サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」