サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 完全に堕ちた【浜崎あゆみ】
1212_hamasaki_news.jpg
『LOVE』

 歌手の浜崎あゆみが14日夜に、ツアーでバックダンサーを務めているマロこと内山麿我との交際を発表した。一昔前ならば芸能マスコミをにぎわす大きなニュースとなったはずだが、この日に大女優・森光子さんが死去という大きな話題が重なったこともあり、完全にスルー扱いされてしまった。改めてあゆの人気凋落を裏付けるだけの結末となってしまった。

 15日発売の「女性セブン」の報道を受け、浜崎とマロは前日夜に揃ってブログをアップ。「マロちゃんとは真剣にお付き合いをしています」(浜崎)、「こんな私ではありますが、今後とも真剣にお付き合いをさせて頂きたいと思っております」(マロ)と真剣交際をアピールした。しかもマロは現在離婚裁判の真っ只中であり、不倫という大きなトピックもあるのだが、残念ながら反響はほとんどないという状況だ。

 某在京キー局関係者は「森光子さんが亡くなった日に交際宣言とか言われても…うちの局は完全に無視しました。会議でも浜崎のことなど話題にすらなりませんでした。よそも似たようなもので、ほとんど相手にしなかったんじゃないですか。何もニュースがない日ならば扱ったでしょうが」と証言する。

 そもそも森さんが死去した日にわざわざ交際宣言をぶつける意味はないと思うのだが、「完全に浜崎の暴走です。周りはそんなことは承知しており、当初は発表するつもりなどなかった。だけど浜崎が発表すると言ってきかなかったそうです。現在の浜崎は、もはやどのスタッフもストップを掛けられない状況となっている」

 周囲の見立て通り、まったく話題作りにすらならなかった浜崎の交際宣言。それに追い討ちをかけるように、浜崎には厳しいデータが出ている。来年デビュー15周年ということで、今月から5カ月連続で新作をリリースすることになったのだが、「第1弾のミニアルバム『LOVE』は、売り上げ6万枚ほどで、オリコンウィークリーランキングで初登場4位。2枚のベストアルバムをリリースし、1位と2位を独占したJUJUに惨敗です。あと4作の売り上げも厳しいものになるでしょう」と音楽関係者は語る。

 さらに、歌姫・浜崎らしくないタイアップにより、ファンが困惑する事態も起きている。来月発売の第2弾アルバム「again」に収録されている曲が、健康サプリメント「皇潤スポーツ」(エバーライフ)のCM曲となったのだ。前出関係者は「皇潤といえば、どうしてもお年寄りのイメージがあります。八千草薫とか三国連太郎とかがCMに出演していましたし。今までの若者に大人気! という浜崎のイメージとはかけ離れており、ファンもどう対処していいか、分からないようです」

 話題作りをしても誰にも相手にされず、CDを出しても昔ほど売れない…浜崎にとってはさぞかし寒い厳冬となるだろう。

■「サイゾーpremium」には、「あゆファイト!」な浜崎あゆみさん関連の情報がたくさん!
中森明菜、浜崎あゆみ、そして蒼井優......ジャニタレとデキちゃった女たち【1】
浜崎あゆみの"新ビジネス"と 暗躍するカリスマ女社長の手腕
大ケガから奇跡の復帰!?紅白で熱唱のあゆのナゾ


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年7月号

ヤバい本150冊

ヤバい本150冊
    • どうなる【出版業界】の諸問題
    • 【クラウドファンディング】ヤバい本
    • 【ネットの自由】を啓発する思想本
    • 【A-THUG×BES】の獄中読書
    • 識者が推す【ラップ】現代史選書
    • 【橘ケンチ×手塚マキ】読書の愉楽
    • 【椿原愛】Fカップ読書グラビア
    • ベストセラーを生む【書籍広告】
    • 【アジア移民文学】に見る差別の現実
    • 【世界の移民】たちが叫ぶ幸福論
    • 増加する【脱北者】文学
    • 【朝の読書】のイビツな思惑
    • ポリコレNGな【童話】の世界
    • 米国で【禁書】扱いされる童話
    • 【人間革命】本としての評価

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」
    • 【斉藤優里】卒業記念写真集

NEWS SOURCE

    • 【ピエール瀧】に非情な処分を下したソニー
    • 増税前に選挙を!【安倍政権】の思惑
    • 映画【新聞記者】が与えた永田町への衝撃

インタビュー

    • 【芽島みずき】ポカリガールは14歳の美少女
    • 【日比遊一】樹木希林も認めた映画監督の実力
    • 【ROLAND】「俺か、俺以外か。」名言ホストの野望

連載

    • カバーガール/平嶋夏海
    • 【高崎かなみ】期待の新人モデル水着撮
    • 【川栄】ベイビー
    • 【Wi-Fi】の電波が人を安心させるサービスに
    • 【更科功】化石人類から見える人間の根源(後)
    • 高須基仁/後藤新平と大谷翔平の2大「平」が時代を切り開く
    • 罵声飛び交う【三社祭】の醍醐味
    • 過酷な中国受験戦争【教育アプリ】の進化
    • 【ゲーム・オブ・スローンズ】とヒップホップ党
    • 町山智浩/【ロング・ショット】ロマコメの最新系主人公
    • 【官邸】への権限集中が招く弊害と行く末
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/トランプと接待バカ一代
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『家族はつらいよ』後期高齢者向けポルノの戯論
    • 【処方薬でキマる】アメリカ薬物事情
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊藤文學/三島由紀夫に美輪明宏、薔薇族を彩った著名人
    • 幽霊、卑しき自己啓発本サロン商売。
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」