>   >   > 【六本木クラブ事件】を警察が隠蔽!?
ニュース
「人違い」説は時間稼ぎのためのブラフ?

未解決六本木クラブ襲撃事件の舞台裏 警察は真実を隠蔽するかもしれない!?

+お気に入りに追加
1212_az_roppongi.jpg
『不良録 関東連合元リーダーの告白』(双葉社)

 9月2日に起きた六本木のクラブ「フラワー」(現「スタジオゲート」)での実業家襲撃事件。被害に遭ったのは、渋谷や杉並で複数の飲食店を営んでいた藤本亮介さんだった。深夜、フラワーに来店していた藤本さんは、目出し帽をかぶり、金属バットや鉄パイプを持った9人組とみられる集団に襲われ、「顔が原形をとどめないほど激しく殴られ、即死の状態」(捜査筋)だったという。この襲撃の模様は、多くの来店客にも目撃され、その後、警察は防犯カメラに映った犯人グループの画像を公表したが、事件から2カ月以上たった本稿執筆時も逮捕されていない。それどころか、犯人や事件の背後関係をめぐり、「さまざまな説」が錯綜している状態なのだ。

「事件を担当しているのは、殺人や強盗などの凶悪事件を担当する警視庁捜査一課。ここに組織犯罪対策部が加わっていましたが、さらに、事件関係者が海外に逃亡したという情報が出るや、国外捜査に長けた公安関係者も捜査に合流した。これらの組織には、それぞれ異なる担当記者や懇意にしているジャーナリストがついているため、話の出どころによって、内容にずれが生じているのかもしれません」(週刊誌記者)

MEMO六本木クラブ襲撃事件
9月2日未明、東京都港区にあるクラブ「フラワー」に、9人組と見られる集団が押し入り、店の客だった飲食店経営の藤本亮介さんに金属バットや鉄パイプなどで暴行を加えた。藤本さんは死亡し、犯人グループは車で多摩方面に逃走したとされるも、いまだ逮捕に至っていない。

 まず大きく報じられたのが、人違い説だ。犯人は、不良グループ「関東連合」や在日中国人たちからなる「怒羅権」関係者たちで、以前から彼らとトラブルを抱え、抗争を繰り返してきた暴力団関係者Aと顔や体格が似ていた藤本さんが、間違って殺されてしまったというものだ。こうした情報は大手全国紙でも扱われたため、高い信ぴょう性があるものと考えられたが、一方でその直後にはこんな話も出てきた。

「藤本さんはAと親しかったことから、見せしめのためにやられたんだ。藤本さんは今回の事件の前にも、彼らに襲われて足を大けがしている。それでも懲りずに、このAとつながりを持ち続けていたので襲われた」(大手新聞紙記者)

 さらに公安筋からは、藤本さんがあるシノギに手を出していたことが、事件を誘発したとの話も出てきた。

「藤本さんは、合法ドラッグの売買にかかわっていたというんです。しかし、このシノギには、広域暴力団傘下K組が関与していた。K組は、藤本さんが自分たちのシマを荒らしていると判断し、再三警告を発してきたのに、彼は言うことを聞かなかった。そこで、不良グループを使って、藤本さんを襲ったんです。殺すつもりまではなかったようですが、実行犯の中にいた中国人が加減を知らず、ボコボコにしてしまったんでしょう」(公安筋)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』