>   >   > 大阪市職員は【橋下徹】に愛憎半ば
ニュース
「橋下市長は認めるが、維新の会議員には敵対心しかない」

橋下徹VS.朝日で露呈 大阪市職員が市長に抱く愛憎の”思い”

+お気に入りに追加

報じられない大阪市職員の本音

「週刊朝日」による出自報道騒動、市政改革、国政転出、コスプレ不倫など、常に話題を振りまく橋下徹大阪市長。そんな市長への“思い”を、現役大阪市職員たちに聞いてみたところ、そこには「市長vs市職員」というメディア報道では見えない、両者の間で醸成された“奇妙な一体感”が浮かび上がってきた!?

 朝日新聞出版/10月26日号)の連載『ハシシタ 奴の本性』をめぐる騒動が、連日テレビの情報番組やニュース番組を賑わせた。橋下市長は「(同連載が)政策論争はせずに、僕のルーツを暴き出すことが目的とはっきり言明している」「血脈主義ないしは身分制に通じる、本当に極めて恐ろしい考え方だ」と、出版元の朝日新聞出版、および親会社の朝日新聞を非難。朝日新聞グループ全体の取材を一切拒絶し、同連載は打ち切られ、「週刊朝日」の編集長が更迭される事態に発展した。

 この一連の騒動について、大阪市役所職員はどう受け止めているのだろうか? 今回、3人の現役職員に、橋下市長への“愛憎入り混じる”複雑な心境を語ってもらった。

A…40代課長代理職
B…30代係長職
C…20代ヒラ職員

──まずは、今回の「朝日」の報道について、職員たちの受け止め方はいかがでしょうか?

1212_az_osaka.jpg
『大阪維新』(PHP研究所)

A たとえ記事の内容が事実であったにせよ、報道の内容そのものがあまりにもひどい。しかも、橋下市長の出自については、2011年、市長選に出馬したタイミングで、「新潮45」(新潮社)や「週刊文春」(文藝春秋)がさんざん報じたため、「何を今さら」という印象が拭えません。そうした報道姿勢に対する違和感も手伝い、職員の間には、擁護まではいかないが、「なぜまた市長が叩かれなければならないのか?」という疑問が広がっています。

B これまで職員は、大阪市職員労働組合(以下、市職労)が支援してきた市長の下で行政を行ってきました。それゆえ、改革を主張する橋下市長就任以来、市長と職員との間では、何かと軋轢がありました。ところが今回の騒動では、市長と対立した労働組合活動に熱心な職員の間でさえ、Aさんが言うような同情の念が広がっています。

C 伝え聞く報道内容から、市長は大変な生活環境の下で大学へ通い、弁護士、政治家となったことがわかります。行政への考え方は違うが、結果的に一連の報道によって「人間・橋下徹」を認めた職員、市民は増えたのではないでしょうか。関西人は、叩かれている人に味方する傾向がありますから(笑)。

──近頃では、橋下市長の国政転出も取り沙汰され、職員の間でも「橋下市政の終わりの始まり」を感じる人が多いと聞きます。

MEMO『橋下徹vs.朝日』
「週刊朝日」(10月26日号)に掲載された橋下氏に関する記事をめぐり、同氏が猛抗議。連載は打ち切られ、編集長が更迭される事態に発展した。

A 市長が国政へ転出するのは既定路線。もう市長の目は東京、つまり国政に向いているというのが、市職員たちの共通認識です。実際、公務のない土日は、東京に出ていることが多いです。

B いわゆる「橋下改革」というのは、入れ墨問題【1】公募区長任命【2】で、ほぼ一区切りついた感がありますしね。

C しかし、急激に改革を進めてきた橋下市長が、もし近いうちに国政へ転出し、また新しい人が市長になると、今まで進めてきた改革の揺り戻しが起こり、行政が混乱するのではと懸念しています。

──具体的には、どのような混乱が予想されますか?

C 例えば、橋下氏が就任した際、市役所内の大きな組織改編と人員の配置転換が短期間で行われた。それに伴う役所内の各種手続きや業務の引き継ぎに加え、細かい部分では、既存の業務フローや書類のフォーマット、職印(はんこ)の変更といったことが多発しました。また、平松邦夫前市長の側近幹部6人を待機ポストの総務局付に「飛ばす」などしたため、職員の間に動揺が走り、市役所内は一時混乱状態に陥りました。

A 同時に、給与制度改革や成果主義の導入をはじめとする一連の人事システム改革(後述参照)も行われ、市民への行政サービスに支障が起きてもおかしくない状況だった。ここでまた市長が交代することで、同じような混乱が起こっては、たまったものではないですね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』