>   >   > 新人賞は【小野恵令奈】で決定!?

大賞はAKB48でほぼ決定!?

毎年のようにサイゾーや本誌関連サイトでお伝えする年末の賞レース事情。目立ったヒットがほとんどない今年のレコ大は「AKB48で間違いない」という業界関係者は多いが、注目したいのが新人賞と最優秀新人賞の行方。「地下アイドル化した」と、一部で揶揄される元AKBの小野恵令奈をめぐる扱いに、選考委員が困惑しているという。

1212_maeda.jpg
無事(?)卒業を果たしたAKB48の“不動のセンター”前田敦子。今年のNHK紅白歌合戦では審査員として出場することもウワサされている。

 年末が近づき、音楽業界では賞レースや紅白出場の情報が飛び交う季節となった。毎年のことながら本誌が注目するのは『日本レコード大賞』と『NHK紅白歌合戦』の2大イベント。以前に比べてその影響力は低下し続けているものの、そこは腐っても伝統ある番組。今年も各芸能プロやレコード会社が水面下で激しい動きを見せている。

 まずレコード大賞だが、今年はスタートから波乱含み。レコ大は一般紙、通信社、朝刊スポーツ紙、夕刊紙といったマスコミの記者が審査委員となって選定されるのだが、本誌公式ニュースサイト「日刊サイゾー」でも触れた通り、これまで長年、審査委員を務めてきた夕刊紙の東京スポーツと夕刊フジの2社が外されてしまった。そんなドタバタの中で動きだしたレコ大だが、大賞に関しては早くも「AKB48の2連覇で決定」との声が大勢を占めている。

「AKBサイドは11年大賞を獲得しているため、今年の賞レースにはそれほど執着はしていなかった。ところが前田敦子の卒業に加え、週刊誌で運営サイドのスキャンダル情報がまたぞろ報じられたこともあって、勢いにも翳りが見え始めてきた。大賞を獲ることでブーム健在をアピールする必要が出てきた……とも見えるが、ほかにメガヒットを飛ばしたアーティストがいない、というのがホントのところ(苦笑)」(レコード会社関係者)

 CDの売り上げ枚数や話題性を考えれば、対抗馬になりそうなのは嵐くらいだが、ジャニーズは基本的に賞レースから撤退しており、10年まで3連覇したエグザイルも11年の辞退で“卒業”したも同然だ。

「業界の重鎮だった長良プロの長良じゅん社長が急逝したことを受け、長良社長が手塩にかけて育てた氷川きよしの名前も挙がりましたが、ロクに曲名も浸透していない今年の状況ではさすがに説得力がない。このままいけばAKBの大賞は、ほぼ間違いない」(同)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』