>   >   > 新人賞は【小野恵令奈】で決定!?

大賞はAKB48でほぼ決定!?

毎年のようにサイゾーや本誌関連サイトでお伝えする年末の賞レース事情。目立ったヒットがほとんどない今年のレコ大は「AKB48で間違いない」という業界関係者は多いが、注目したいのが新人賞と最優秀新人賞の行方。「地下アイドル化した」と、一部で揶揄される元AKBの小野恵令奈をめぐる扱いに、選考委員が困惑しているという。

1212_maeda.jpg
無事(?)卒業を果たしたAKB48の“不動のセンター”前田敦子。今年のNHK紅白歌合戦では審査員として出場することもウワサされている。

 年末が近づき、音楽業界では賞レースや紅白出場の情報が飛び交う季節となった。毎年のことながら本誌が注目するのは『日本レコード大賞』と『NHK紅白歌合戦』の2大イベント。以前に比べてその影響力は低下し続けているものの、そこは腐っても伝統ある番組。今年も各芸能プロやレコード会社が水面下で激しい動きを見せている。

 まずレコード大賞だが、今年はスタートから波乱含み。レコ大は一般紙、通信社、朝刊スポーツ紙、夕刊紙といったマスコミの記者が審査委員となって選定されるのだが、本誌公式ニュースサイト「日刊サイゾー」でも触れた通り、これまで長年、審査委員を務めてきた夕刊紙の東京スポーツと夕刊フジの2社が外されてしまった。そんなドタバタの中で動きだしたレコ大だが、大賞に関しては早くも「AKB48の2連覇で決定」との声が大勢を占めている。

「AKBサイドは11年大賞を獲得しているため、今年の賞レースにはそれほど執着はしていなかった。ところが前田敦子の卒業に加え、週刊誌で運営サイドのスキャンダル情報がまたぞろ報じられたこともあって、勢いにも翳りが見え始めてきた。大賞を獲ることでブーム健在をアピールする必要が出てきた……とも見えるが、ほかにメガヒットを飛ばしたアーティストがいない、というのがホントのところ(苦笑)」(レコード会社関係者)

 CDの売り上げ枚数や話題性を考えれば、対抗馬になりそうなのは嵐くらいだが、ジャニーズは基本的に賞レースから撤退しており、10年まで3連覇したエグザイルも11年の辞退で“卒業”したも同然だ。

「業界の重鎮だった長良プロの長良じゅん社長が急逝したことを受け、長良社長が手塩にかけて育てた氷川きよしの名前も挙がりましたが、ロクに曲名も浸透していない今年の状況ではさすがに説得力がない。このままいけばAKBの大賞は、ほぼ間違いない」(同)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年11月号

ファッション(禁)コレクション2017

ファッション(禁)コレクション2017

本誌特選!8人の(サ)な女たち

本誌特選!8人の(サ)な女たち
    • 歴代カバーガールグラビア傑作選

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着
    • 【山地まり】Fカップとレトロ

インタビュー

連載

    • 【今野杏南】これで最後なんです。
    • 【佐藤江梨子】政治性が響くモンパチの歌
    • 【長澤茉里奈】合法ロリ生春巻き
    • 【斉藤由貴】スローな由貴でいてくれ
    • 【インターネット】への誤解がもたらす日本の危機
    • 【特別編】九州に格闘技界旋風起こす男
    • 【元・モー娘。】歌よりも正直なトーク
    • 【三波春夫】が2017年に蘇る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【フレンチ・モンタナ】モロッコ系最強ラッパー
    • 【電通過労死事件】から考える労災
    • 【治療共同体】で精神病院を開放せよ!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『バリー・シール』
    • 世界一災害に弱い【東京】備えなき首都大災害
    • 小原真史の「写真時評」
    • 赤い屍と緑のタヌキ
    • ジャングルポケット/フェラペチーノで自分好みのプレイを!
    • 【最高の離婚】夫婦の溝を埋める最良のテキストドラマ
    • ボディペインティングが導く愉楽
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、政治と信仰と破綻の円環構造。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』