サイゾーpremium  > インタビュー  > 【パスカル・ロジェ】ホラーで見せる正義
インタビュー
この冬は映画『トールマン』でさらに凍えろ!!

【パスカル・ロジェ】「今のハリウッドは中学生向け!」真の正義に迫ったフレンチホラー

+お気に入りに追加

──ハリウッド配給を蹴ってまで挑んだ“ヨーロピアンホラー”が問いかけるものとは?

1212_pascal.jpg
(写真/K-D)

 理不尽な暴力と精神の深淵に切り込んだ映画『マーターズ』(08年)で世界を震撼させたパスカル・ロジェ。今度は、子どもたちが次々と行方不明になる閉鎖的な町を舞台にした『トールマン』で得体の知れない恐怖を描き、「本当の幸福と正義とは?」という倫理観で我々を揺さぶる。

「僕は作中で多くの問いを投げかけていて、その答えをひとつも言っていない。でも、見る側がその問いかけに気づく前に『これが答えだ!』って言っちゃうのが、今のハリウッドなんだよねぇ……」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論