サイゾーpremium  > 連載  > 宇野常寛の批評のブルーオーシャン  > 【連載】「平家にあらずんば人にあらず」
連載
宇野常寛の批評のブルーオーシャン 第30回

「平家にあらずんば人にあらず」

+お気に入りに追加

──既得権益がはびこり、レッドオーシャンが広がる批評界よ、さようなら!ジェノサイズの後にひらける、新世界がここにある!

1211_az_kiyomori.jpg
『平 清盛 完結編』

 大河ドラマ『平清盛』にハマっている。僕は脚本家の藤本有紀の大ファンで、『ギャルサー』(日本テレビ)は最初の著書で取り上げたし、朝ドラ『ちりとてちん』は自分の雑誌で特集を組んだほどだ。『咲くやこの花』(NHK)や『ミニモニ。でブレーメンの音楽隊』(NHK教育)あたりの作品までフォローしているのだから、我ながらなかなか筋金入りだと思う。この『平清盛』は序盤数回を観た後、しばらく忙しくて追いかけられていなかったのだが、一度録画を消化し始めたらたちまちハマって、今では週に一度の最大の楽しみになっている。

 さて、この『清盛』、ドラマファンの評価は高いものの、先鋭的な演出や複雑なストーリー、そして平安末期という時代設定が視聴者に嫌われたのか、視聴率はイマイチ伸び悩んでいる。もちろん、僕は同作のスタッフの挑戦的な姿勢を全力で応援したいと思うが、今回話したいのはまったく別のこと──僕がこのドラマから連想した、今のマスメディアの構造やそこにかかわる若手言論人としての自分のスタンスのことだ。

 僕にはこの作品が、こう見えて仕方がない。このドラマの制作者たちは「平家」だ。NHKという巨大官僚組織=朝廷の「中」に留まりながら、そこで一定の権力を獲得することで圧倒的な予算とインフラを利用し、斬新な政策を実行する=質の高い番組を追求する──。同局に勤めるある友人は、こう漏らしたことがある。「NHKの面白さは、制限の中でどれだけ面白いことがやれるか、というゲームにある」のだと。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画
    • 【ライブ配信】儲けのカラクリ
    • 【本田翼】もハマるゲーム実況
    • 決定!2018年【邦画ラジー賞】
    • 【アジア系】が逆襲するハリウッド
    • 注目のハリウッド【アジア系俳優】
    • 【片山萌美】ショーガールグラビア
    • 俳優に責任を問う【報道の愚行】
    • 【自主制作映画】の現場からの悲鳴
    • 【小川紗良×堀田真由】映画大討論会
    • Netflix産【ヒップホップ映像】の社会性
    • 傑作【ヒップホップ】動画10選
    • 【ネトフリ×ヒップホップ】作品レビュー
    • 映画・ドラマ【サントラ】の裏事情
    • ネトフリの【麻薬ドラマ】のリアル度
    • 奇想天外【アフリカ】の忍者映画
    • 世界は【忍者】をどう描いたか?
    • 【深夜アニメの劇場版】が儲かる不思議
    • 劇場版アニメに見る【ポストジブリ】争い
    • 【ジャニーズ】がキラキラ映画で失敗する理由
    • 意外と面白い【キラキラ映画】レビュー
    • 【中東情勢の今】がわかる映画
    • 【芸能プロ】に映画監督が所属する理由

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

インタビュー

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』