サイゾーpremium  > 特集  > IT  > 【ノマドスタイル】を考える3冊
第1特集
本物のノマドスタイルとは!?【2】

【限定】お手本は”のび太”!? 実践してしまう前に読みたい! ノマドスタイル(笑)本3選

+お気に入りに追加
1211_az_nobita.jpg
『「のび太」という生きかた』(アスコム)

 安藤氏や武井氏のような、ノマドな人物の台頭で、さまざまなライフ&ワークスタイルが市民権を得た昨今。この時流を受けて、会社に縛られないオレ流の生き方に憧れるドリーミンなリーマンも急増中だとか。そんなご時世だからか、自己啓発本やビジネス書が幅を利かせている書店でも、自由なワーキングスタイルの提案や、ソーシャルメディアの活用法などの指南書が増えてきているようだ。ここでは、これからのライフスタイルのヒントになりそうなジャンルの中から、今回の対談を受けて注目したい3冊をピックアップ。自分らしいライフスタイルが叫ばれている昨今、周りはどんな“参考書”を読んでいるのか、ひもといてみよう。

 1冊目はソーシャルメディアにおける“炎上”の実例と、その対処法をまとめた『ソーシャルリスク』(小林直樹/日経BP)。大企業の「ステルスマーケティング」騒動や、『47NEWS』の公式ツイッターアカウントで「日本で無期懲役とは、事実上の無罪放免なのですにゃ」発言といった企業の炎上例、個人のつぶやきがネット上で波紋を呼んだ例などを、発生後の展開から謝罪に至るまでの経緯を詳細に綴っている。

■「○○なう」といった位置情報開示の危険性
■「Facebookは比較的炎上が少ない」などの防衛策

と、いったことを詳細に記載されているので、ソーシャルメディアに対して腰が引け気味の人は一読をおすすめしたい。「まんべくん」やアディダス社員の契約選手への誹謗中傷事件など、「そういえば、そんな事件あったね!」的なエピソードも満載で、ソーシャルメディア時代黎明期の事件簿としての価値も。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』