サイゾーpremium  > 特集  > IT  > ジョブズ、孫正義、【コミュ障】なITの天才たち

──奇人・変人の多いIT業界。その中でもダントツにおかしな行動をしている4人の逸話を集め、彼らの思考様式、行動パターンを読み取っていこう。そして、それらをマネすれば、我々一般人もIT長者になれるかも!?

1211_az_zakka-ba-ku.jpg
『フェイスブック 若き天才の野望』(日経BP社)

 ご存じの通り、IT業界での成功者には変人が多い。エレベーターの中でいきなり部下にクビを宣告するスティーブ・ジョブズ、大事なプレゼンの場に半ズボンで現れるマーク・ザッカーバーグ、何かと「火をつける」と言い放つ孫正義、手づかみで物を食べるジュリアン・アサンジ……。

 彼らの風変わりなエピソードは枚挙に暇がなく、彼らの変人ぶりを記した評伝はいずれもベストセラーになっている。ジョブズ逝去直後には「なぜ日本にジョブズが現れないのか?」という議論もあったが、これは「なぜ日本にはビジネスで成功する変人があまり現れないのか?」と読み替えることもできるはずだ。

 では、そもそもどうしてIT業界での成功者には変人が多いのだろうか? また、変人がIT業界で活躍できる理由はいったい何か? 「右にならえ」を美徳とし、変人に対して冷たい日本社会の中で、大成功を目指すには、我々も変人を目指したほうがいいのだろうか? 

 そういった事情に精通している「ギズモード」初代編集長であり、現在はシックスアパートでメディア事業担当シニアディレクターを務めるアルファブロガー清田いちる氏(個人ブログ「小鳥ピヨピヨ」)にお聞きした。

 果たして世界に冠する大企業のトップがメディアから変人扱いされて、何かいいことはあるのだろうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論