サイゾーpremium  > 特集2  > 【不正疑惑】も気にしない韓国NHNの強さの理由

──NHN韓国本社の設立の経緯は少々複雑だ。まず、1997年3月にサムスン傘下のICT企業・サムスンSDSの情報技術研究所・検索エンジンチームが社内ベンチャーとして独立し、98年11月に「株式会社ハンゲームコミュニケーション」を設立した。さらに、99年6月に「ネイバーコム株式会社」を設立し、検索ポータルの「NAVER」を開始。同年12月から「ハンゲーム」をスタート。そして、00年7月にネイバーコム株式会社がハンゲームコミュニケーションを買収してサムスングループから完全に独立し、01年9月に社名を「NHN」に変え、現在の姿になったわけだ。

1210_kankoku.jpg
ハングルで「サッカー」と入力した場合の検索結果画面。1ページ目に表示される情報量が圧倒的に多く、日本人が見慣れているそれとは大きく違うはずだ。ページ上部に表示されているのはツイッターのリアルタイム検索で、どんどん更新されてゆく。

 NHNの11年の売り上げは2兆1474億ウォン(約1485億円)で、前年対比19・9%増加。営業利益は6204億ウォン(約430億円)で5・1%増加した。国内シェア2位のDaumコミュニケーションの同年の売り上げが4213億ウォン(約291億円)、営業利益が1143億ウォン(約79億円)なので、その差は一目瞭然である。

 また、11年5月に韓国の通信社・聯合ニュースが報じたところによれば、韓国国民の72%がNAVERを利用し、国内のインターネット利用人口の91%が毎日同サイトを訪問しているという。しかも利用者のうち、購買力が強いとされる20代以上の比率は76%に上るというから、その影響力は計り知れない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』