>   >   > 【町山智浩】暴露にこじつけ、中傷もアメリカ選挙戦の汚い手口
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第60回

暴露にこじつけ、中傷もアメリカ選挙戦の汚い手口

+お気に入りに追加

雲に隠れた岩山のように、正面からでは見えてこない。でも映画のスクリーンを通してズイズイッと見えてくる、超大国の真の姿をお届け。

『ザ・キャンペーン』

1210_machiyama.jpg

ノース・カロライナ州で長年下院議員を務めてきたキャム・ブレディ(ウィル・フェレル)だったが、共和党候補の予備選にマーティ・ハギンズ(ザック・ガリフィアナキス)が名乗りを上げたことから、泥沼の選挙戦の幕が開く。注目のコメディアン2人が競演する政治コメディ。

監督/ジェイ・ローチ 出演/ウィル・フェレル ザック・ガリフィアナキスほか
日本での公開は未定


「フリーダム! ジーザス! アメリカ!」

 それがノース・カロライナ州下院議員キャム・ブレディ(ウィル・フェレル)の決まり文句だ。

「そう言えば有権者は喜ぶんだよ」

 南部では共和党の人気は安泰だ。白人の保守的キリスト教徒とハンターが多いから、中絶に反対し、銃の所持の自由を守ると言ってれば、票が集まる。ブレディは怠け者議員だったが、毎回、楽勝で当選してきた。

 ところが、今年は違った。共和党の候補を選ぶ予備選に、突如ライバルが現れたのだ。マーティ・ハギンズ(ザック・ガリフィアナキス)は、チビでデブでナヨナヨした、政治経験なしの観光ガイドだったが……史上最低の中傷合戦が始まった!

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1あばれる君、イモトアヤコ、平野ノラ…生き残るのは誰だ? キャラ芸人を乱発するナベプロ――ブルゾンも使い捨て!? の育成戦略2017.5.17
  2. 2やっぱり不倫はアウト! 全CMが放送中止で渡辺謙が大ピンチ!2017.5.17
  3. 3お台場は今日も火事……河本準一の「生ポ」ネタでくりぃむ有田とフジがまた炎上2017.5.8
  4. 4日本テレビの内定を断ったフジテレビのスーパールーキー・久慈暁子アナ“唯一の弱点”とは?2017.5.11
  5. 5音事協を取り巻く団体のトップは芸能界の重鎮? JASRAC収益は143億円! 音事協と関連団体の“絆”2017.5.22
  6. 6【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方2017.5.22
  7. 7メディアへの圧力団体という虚像――タレント肖像権をチラつかせる音事協はタブー団体なのか?2017.5.22
  8. 8裏社会とのつながりを憂慮した歴代のトップたち…芸能界の重鎮が歴任! 音事協会長の履歴書2017.5.22
  9. 9GSと田邊社長が築いた芸能システム――一介のドラマーが芸能界のドンへ! グループ・サウンズから見る芸能史2017.5.21
  10. 10佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く2017.5.23
Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載