>   >   > 【町山智浩】暴露にこじつけ、中傷もアメリカ選挙戦の汚い手口
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第60回

暴露にこじつけ、中傷もアメリカ選挙戦の汚い手口

+お気に入りに追加

雲に隠れた岩山のように、正面からでは見えてこない。でも映画のスクリーンを通してズイズイッと見えてくる、超大国の真の姿をお届け。

『ザ・キャンペーン』

1210_machiyama.jpg

ノース・カロライナ州で長年下院議員を務めてきたキャム・ブレディ(ウィル・フェレル)だったが、共和党候補の予備選にマーティ・ハギンズ(ザック・ガリフィアナキス)が名乗りを上げたことから、泥沼の選挙戦の幕が開く。注目のコメディアン2人が競演する政治コメディ。

監督/ジェイ・ローチ 出演/ウィル・フェレル ザック・ガリフィアナキスほか
日本での公開は未定


「フリーダム! ジーザス! アメリカ!」

 それがノース・カロライナ州下院議員キャム・ブレディ(ウィル・フェレル)の決まり文句だ。

「そう言えば有権者は喜ぶんだよ」

 南部では共和党の人気は安泰だ。白人の保守的キリスト教徒とハンターが多いから、中絶に反対し、銃の所持の自由を守ると言ってれば、票が集まる。ブレディは怠け者議員だったが、毎回、楽勝で当選してきた。

 ところが、今年は違った。共和党の候補を選ぶ予備選に、突如ライバルが現れたのだ。マーティ・ハギンズ(ザック・ガリフィアナキス)は、チビでデブでナヨナヨした、政治経験なしの観光ガイドだったが……史上最低の中傷合戦が始まった!

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年7月号

コーネリアスが語る沈黙の11年

コーネリアスが語る沈黙の11年
    • 【小山田圭吾】が語る音楽と息子

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 一ノ瀬りと「私の全部」

インタビュー

連載