サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【スターダスト】のタレント管理がヤバい!?

[座談会参加者]
A…スポーツ紙芸能記者
B…週刊誌芸能デスク
C…情報番組制作スタッフ

A ロンドン五輪は日本人のメダルラッシュで盛り上がったけど、同等の盛り上がりを見せたのがAKB48(以下、AKB)のエース・前田敦子の“卒業公演”だろう。

B 3日間連続の東京ドーム公演ではなく、4日目に本拠地である秋葉原の劇場での公演を組んで前田を卒業させる手法だったけど、スポーツ紙6紙のうち4紙が前田の卒業を1面に持ってきて、全国紙やNHKのニュースまで報じるなど、まさに“金メダル級”の扱いだった。

C フジテレビの音楽番組『HEY! HEY! HEY!』は前田の卒業公演を生中継したけど、公演の途中で中継が終了というタイミングの悪さ。東京ドーム公演では海外の姉妹グループへのメンバーたちの移籍が発表されるというサプライズもあったね。

MEMOスターダスト
柴咲コウ、北川景子らが所属する大手芸能プロダクション「スターダストプロモーション」のこと。今や、テレビドラマや映画などで活躍する実力派タレントを多数抱えるが、業界では所属タレントの放任管理が有名で、沢尻エリカの騒動は記憶に新しい。

B AKBの主力メンバーの宮澤佐江は中国・上海のSNH48へ“留学”することが発表されたけど、中国といえば、尖閣諸島問題で反日感情が高まっているはず。そんな宮澤の身を案じた「東スポ」が尖閣問題と絡めて記事を書いてしまったところ、AKBの運営サイドが激怒。なんと、「東スポ」を前田の卒業公演で出入り禁止にしてしまった。

C AKBサイドからしたら「いらぬお世話」ということか。まあ、両者ともいい大人だから、この号が発売する頃までには和解しているんじゃないのかな? AKBにとっても、「東スポ」を敵に回していいことはひとつもないからね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論