サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 業界から苦情が噴出! ニコ動【歌い手】たちの評判
1210_utattemita.jpg
『歌ってみたの本』(エンターブレイン)

「ニコニコ動画」で人気のアマチュアの歌唱動画「歌ってみた」シリーズが注目を集めている。そこからプロの歌手となる人々も増えているのだが、現場ではさまざまな問題が噴出していた――

 動画共有サイト「ニコニコ動画」に投稿された、既存の楽曲やオリジナル曲を「歌ってみた」動画で人気に火がついたアマチュア(=通称・歌い手)たち。10代、20代を中心に多くのファンを持つ彼らの人気に目をつけたレコード会社は、近年片っ端から歌い手たちと契約。続々と彼らをメジャーへと送り出し、チャートを賑わせている。最近では、ネット上では「自然の敵P」の名で活動するじんのシングル『チルドレンレコード』がおよそ3万枚を売り上げ、8月27日付のオリコン週間シングルチャートにおいて3位を記録した。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論