サイゾーpremium  > 連載  > 女も使える!アダルトグッズのすゝめ  > 【連載】アダルトグッズのすゝめ/越野太郎
連載
アダルトグッズのすゝめ【最終回】

【エースゼロワン代表取締役社長 越野太郎】セックスなくして人生なし?

+お気に入りに追加

──経験豊富なアダルト界の達人が、アダルトグッズの楽しい使い方を指南。おおらかでオープンな"ネクストレベル・セックス"の世界へ、いざ参る!

1209_zeroone.jpg
(写真/梅川良満)

 アダルトグッズを活用した愛あるセックスライフを提唱してきた当コーナーも、いよいよ最終回。今月はエースゼロワンの代表取締役社長の越野太郎氏が登場し、業界の現状、同社の信念などを幅広く語った。

──まず、最近のアダルトグッズ市場について教えてください。

越野太郎(以下、越野)アダルトグッズ市場は社会経済の影響が遅れてやってくる遅行スパンと言われていて、08年のリーマン・ショックに端を発する不況がジワジワと押し寄せている状況。その中で各メーカーともに試行錯誤を繰り返して、市場を活性化させる商品を生み出そうとしています。

──この連載でも、スタイリッシュなオナホやバイブなどの商品を紹介してきましたね。

越野 弊社で力を入れているグッズのひとつが、デザイン性と安全性の高い女性向けの商品です。この連載で何度も述べていますが、当社の信念は「愛あるセックスをサポートする」ということ。グッズをアクセントにして、楽しいセックスライフを送ってほしい。そのためにセックスでグッズを使おうとするとき、やはり女性の意見が大きく左右してきますから。

──最近は特に女性を意識した商品が売れていますね。

越野 ここでエポックメイキングとなったのが、「LCラブコスメ」さん。ご担当がすべて女性で占められ、それまでの男性的な視点を払拭して大ヒットを収めました。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論