サイゾーpremium  > 連載  > 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」  > 【町山智浩】食事はマクドナルドに!?落ちゆく“裸の”女王様
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第59回

食事はマクドナルドに!?落ちゆく“裸の”女王様

+お気に入りに追加

雲に隠れた岩山のように、正面からでは見えてこない。でも映画のスクリーンを通してズイズイッと見えてくる、超大国の真の姿をお届け。

『クイーン・オブ・ベルサイユ』

1209_machiyama.jpg

億万長者であるシーゲル夫妻は、ベルサイユ風の宮殿を建設するなど、この世の贅を尽くした生活を送っていた。2008年のリーマンショックが起きるまでは……。セレブの栄枯盛衰を映し出したドキュメンタリー。

監督/ローレン・グリーンフィールド 出演/デヴィッド・シーゲル、ジャッキー・シーゲルほか 日本での公開は未定


「広いお部屋ですねー」

 これから内装する4LDKほどの部屋に案内された男は言った。

「奥さんのお部屋ですか?」

「まさか」

 ジャッキー・シーゲルは笑った。

「ここはクローゼットのひとつよ」

 フロリダの高級住宅地に建設中の2600坪の豪邸、というより城。総工費300億円。完成したら13の寝室に9つのキッチン、30のバスルーム。2つの映画館。地下にはボウリング場やスケート場も。あまりに広いので、移動はセグウェイで。

 そして外観は、フランスのベルサイユ宮殿を模している。映画『クイーン・オブ・ベルサイユ』は、フロリダにベルサイユ宮殿を建てようとした大富豪デヴィッド・シーゲルと、その妻ジャッキーを、4年にわたって追い続けたドキュメンタリーだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』