サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 【ビジネス】山本太郎が行なった炎上マーケティングの成果
ニュース
宣伝効果は数億円にまで上る!?

約10日出社で即退社! あの山本太郎を雇った若手社長の胸算用とは?

+お気に入りに追加

芸能界から会社員その転身の裏側

反原発の活動に深く関わったために芸能界で厄介者扱いされ、事務所を飛び出し、芸能活動での収入が10分の1にまで激減していたという山本太郎。太陽光発電関連企業に就職することで安定的な収入を目指すという話だったが──その会社をわずか3カ月で退社したことが判明。それでもウハウハな雇い主の胸中とは?

1209_shimizu.jpg
アイデアマンの、36歳の清水社長。“使えぬ”社員を雇って、ウハウハな経営者も珍しい!?

 4月、「反原発の闘士」として知られる俳優の山本太郎が、太陽光発電の施工事業を展開する企業「ソーラーリフォーム」 に入社するというニュースが話題になった。

 ところが、一部で既報の通り、山本は7月17日付でソーラー社を辞めていた。その間、たったの3カ月。「サラリーマン 山本太郎」の入社と退社の舞台裏には何があったのか?山本を雇用したソーラーリフォームの清水勇介社長が、山本退社後、初めて取材に応じた。

「もともと弊社のグループは、訪問販売で太陽光発電の施工を請け負っていたのですが、今後はネットを活用した販売が主流になる時代が来るだろうと考え、廉価販売を売りにしたネット事業を始めるタイミングをうかがっていました。ちょうどその時に知人の紹介で山本さんと知り合って会食をしたのです。山本さんは、相当仕事が減っているとのことでした。弊社は脱原発というスタンスではないのですが、自然エネルギーを広めるという点では考え方が一致している。それで『一緒に何かできたら面白いですよね』という話になったのです」

 清水社長は、今年1月にグループ会社のひとつとして太陽光発電システムをネット販売するソーラーリフォームを設立。そのPRのために山本が就職するという計画が始まった。

MEMO『山本太郎』
1974年生まれ。『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』の「ダンス甲子園」出場で人気となり、芸能界入り。福島原発事故をきっかけに、反原発活動に傾倒し、本業以外で注目を浴びる。

 PRとして、タレントを1日店長に据えたり、イメージキャラクターに起用することは多くの企業もやってきたが、話題性のあるタレントを社員として迎えるというのは稀有な試みだ。案の定、4月18日に行われた入社式【1】の模様は、多くのマスコミが報じた。

「山本さんは営業部の配属でした。契約書の書き方や営業トークを学んだり、他部署の仕事をローテーションで回ったりと、新入社員と同じことをしてもらいました。ただ、忙しい人ですから、この3カ月は研修だけで終わってしまいました(苦笑)」(清水社長)

 ソーラー社は山本と業務委託契約を結んだのだが、法律上、契約期間は定めなければいけない。

「私は何カ月でもよかったのですが、テレビ業界では、基本的にワンクール3カ月単位で仕事が回っているから、『まずは3カ月契約』をということだったんです。こちらは、その後も継続したい意向はありましたが、契約期間が満了する前に、彼から『本業(芸能界)の仕事が増えたので、力になれない』という申し出がありました」(同)

 当初、「社員」として、週5日の出勤予定と報じられていたが、実際に出勤できたのは3カ月で10日ほど。それでいて、待遇は、幹部社員と同程度だったというのだから、営業スタッフとしては破格な人件費だ。しかし、狙い通り、宣伝効果はすさまじいものがあったという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画
    • 【ライブ配信】儲けのカラクリ
    • 【本田翼】もハマるゲーム実況
    • 決定!2018年【邦画ラジー賞】
    • 【アジア系】が逆襲するハリウッド
    • 注目のハリウッド【アジア系俳優】
    • 【片山萌美】ショーガールグラビア
    • 俳優に責任を問う【報道の愚行】
    • 【自主制作映画】の現場からの悲鳴
    • 【小川紗良×堀田真由】映画大討論会
    • Netflix産【ヒップホップ映像】の社会性
    • 傑作【ヒップホップ】動画10選
    • 【ネトフリ×ヒップホップ】作品レビュー
    • 映画・ドラマ【サントラ】の裏事情
    • ネトフリの【麻薬ドラマ】のリアル度
    • 奇想天外【アフリカ】の忍者映画
    • 世界は【忍者】をどう描いたか?
    • 【深夜アニメの劇場版】が儲かる不思議
    • 劇場版アニメに見る【ポストジブリ】争い
    • 【ジャニーズ】がキラキラ映画で失敗する理由
    • 意外と面白い【キラキラ映画】レビュー
    • 【中東情勢の今】がわかる映画
    • 【芸能プロ】に映画監督が所属する理由

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

インタビュー

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』