>   > 【大川きょう子】「幸福の科学」を離れ、被災地支援へ
インタビュー
「神様からの啓示を受けたのです」

【大川きょう子】「幸福の科学」を離れ、みちのくで被災地支援にいそしむ”ナイチンゲール(!?)”

+お気に入りに追加

――なにかと週刊誌などを騒がすことが多い宗教法人「幸福の科学」。同教団の「看板夫人」でもあった女性は、震災後、東北の地で「トイレ掃除」にいそしんでいたという──。

1209_okawa.jpg
(写真/江森康之)

 満面の笑みをこぼす婦人は、宗教法人「幸福の科学」総裁である大川隆法氏と離婚調停中の大川きょう子氏だ。2010年に教団と完全決別した後は、週刊誌などで大川総裁の素顔や教団の内情について発言。対して、教団からは批判や永久追放処分を受け、名誉毀損による訴訟合戦に発展中である。

 だが、今日のきょう子氏にとって、こうしたいざこざは二の次。東日本大震災の被災地への支援活動に奔走する日々だからだ。かつて教団内では「ナイチンゲールの生まれ変わり」などとされていた、きょう子氏の活動とは?

 きょう子氏が立ち上げたボランティア団体「みちのく衛生の会」の支援活動の柱は2つ。岩手県陸前高田市を中心に行っている「感染症対策」と「生活弱者支援」だ。

「避難所や仮設のトイレの清掃に始まり、浸水した建物の消毒、屋外に大量発生したハエの退治など、感染症を防ぐために重要なことを行ってきました。最初はトラックに積んだ農薬散布用機械を使い、消臭剤などをトイレに散布しながら回ったんです。トイレ以外にも悪臭のするところが多く、どんどん仕事が拡大していきました。最も多かったのは、遺体捜索のために派遣されてきた、大阪や北海道などの他府県の警察官でしたね。『自分たちにも撒いてくれ』と」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年10月号

最強のグラビア

最強のグラビア
    特別グラビア(1)
    • 【TikTok】で話題の美人姉妹が水着に!
    ピタピタのヨガウェアがエロい!?
    • ヌケる【筋トレ】グラビア雑誌
    • 【Tarzan】はエロい? 厳選グラビア
    特別グラビア(2)
    • 【山地まり】女性も悶えるセクシーショット
    グラビアを支える縁の下の力持ち
    • 表舞台に立てない!【レタッチャー】のトホホ話
    特別グラビア(3)
    • イメージビデオ界の新星【安位薫】18歳の肉体
    グラドルの登竜門!秋葉原イベントの裏側 声優のグラビア的価値とは?
    • グラビア業界を席巻する【声優】ブームの危険性
    • この【声優】の写真集がすごい!
    特別グラビア(4)
    • 【青山ひかる】がヒップホップなセクシーコス
    女性も楽しめるエンターテイメント空間
    • グラビアで見る【バーレスク】文化概論
    • 【バーレスク東京】オーナーが語る歴史
    奥深い遺影の世界
    • 人生最期のグラビア【遺影】研究
    極楽とんぼ・加藤浩次も大炎上
    • 過激すぎる【AbemaTV】のお色気番組

EXILE・関口メンディーの肉体美

EXILE・関口メンディーの肉体美
    • 【関口メンディー】特別グラビア

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【小瀬田麻由】大失恋したんです。
    • 【本郷杏】美しすぎるポンコツ
    • 【吉岡里帆】を脱がさないで
    • 【ニッポンのサラリーマン】のポテンシャル
    • 特別対談【横浜銀蝿・翔×高須基仁】
    • 【ボン・ジョヴィ】とボンダンス
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【オークワフィナ】女優?芸人?なフィメールラッパー
    • 町山智浩/『クレイジー・リッチ』ハリウッドで起きたアジア人革命
    • 【移民】を認めない世界第4位の移民大国日本
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/平成さくらももこ絵巻
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【オーシャンズ8】肩肘張ったフェミからの脱出
    • 陰毛に執着するオーストラリア人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • クラフトビールを仕込む異色の【ラーメン屋】
    • マスターベーションの悩みから生まれた【薔薇の種】
    • 幽霊、グラビアの美少女よもやま話。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』